この記事を読んだ人におすすめの記事×

品質が良く、手間のかからない培養土

このコーナーでは、美味しい野菜を作ることの出来る秘訣をご紹介!なんとその秘訣とは『土』にあったんです!!培養土はどのように管理されているのか?配合は?

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.jpg?jp.co

目次

品質が良く、手間のかからない培養土

どのように管理されているの?

【生徒】
土が植物にとって重要なのはわかったけど、実際にどうやって作られているかわからないと不安だな・・・

【先生】
植物にも重要ですし、実際に私達が触れるものでもありますから、どのような品質で、どうやって作られているかがわかれば安心ですよね。それじゃあ、培養土がどのようにして作られているのか見てみましょう!

どのように土を配合しているの?

【先生】
今までの基本用土による配合の培養土作りではなく、『植物を育てる上で必要な要素』を満たす培養土設計をおこなっています。


「今までの培養土作り…」
今までの培養土は、「赤玉土○割、ピートモス○割…」と基本に沿った配合が絶対。植物の特徴に合った設計でないので、育てる植物によっては失敗してしまうことも…。

アイリスオーヤマの培養土作り

●例えばトマトの栽培で必要なこと…
 ・植付け初期に茎葉を健全に生長させる肥料分構成
 ・花実が充実するリン酸分、カルシウムの配合
 ・コンテナ特有の閉塞した環境を改善する通気性、排水性、保肥性

【生徒】
なるほど!品質も配合もしっかりと管理されているんだね!

【先生】
特に初心者の方は野菜を育てるというだけで、様々な不安があると思います。そういった不安を少しでも取り除くために、安心・安全な土を選びましょうね。 次回は、「育てたい植物検索!」です!育てたい野菜は決まりましたか?いよいよ、次は植物に合った土を選んでみましょう!

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      初心者でも失敗...新着

      初心者でも失敗...ランキング

      総合新着

      総合ランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ