この記事を読んだ人におすすめの記事×

ヘチマ ~ 用途がたくさんある植物です。 ~

【 ヘチマ (ウリ科) 】~ 用途がたくさんある植物です。 ~「種まきの時期は?」「収穫期は?」「注意すべき病気は?」など野菜の栽培に必要な情報を分かりやすく掲載中。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.jpg?jp.co

目次

ウリ科

特徴

若い実は柔らかく独特の風味の野菜として食べられます。また、熟果の繊維は浴槽や食器洗いのスポンジとして使われます。汁液は天然化粧水として重宝されています。

育てやすさ :★★☆☆☆
温度発芽温度:30℃前後
株間    :90cm

栽培カレンダー〔関東基準〕

病害虫

病気:ベト病、斑点病
害虫:アブラムシ

ワンポイント

・種は4月上旬から5月中旬ぐらいに1箇所に3~4粒ずつ蒔きます。本葉が4~5枚になるころに間引きをして1本立ちにします。定植する場合もこの頃が良いでしょう。70cm程度のプランターでは1株ぐらいがちょうどよいと思われます。過湿を嫌うので、畑で栽培する場合は高畝にします。

・高さ180cm程度のしっかりとした支柱とネットを立て、つるが垂れないようにところどころ誘引します。

・食用にする場合は早めに収穫しましょう。目安は実の成り始めの初期の段階では、開花後2週間程度、盛夏頃には1週間程度です。熟果の場合は開花後、50日ぐらいたって果梗(茎と実をつなぐ部分)が茶褐色になったら収穫します。

栄養分

ヘチマ水には硝酸カリウム,サポニン,ペクチン,タンパク質,糖分などが含まれています。古くから、皮膚に栄養を与える化粧水として使用されてきました。 また、薬用として、あせも,ひび,あかぎれ,日焼け後の手当て等にも用いられています。 その他に、鎮咳,利尿効果もあるとされています。

おすすめアイテム

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      野菜図鑑新着

      野菜図鑑ランキング

      総合新着

      総合ランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ