この記事を読んだ人におすすめの記事×

夏の終わりの屋上菜園

9月に入り、仙台は夕方から涼しい風が吹く日が増えてきました。
東北の夏の短さを実感するとともに、屋上菜園の野菜たちも実りのピークを過ぎた感があります。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.jpg?jp.co

目次

そんな中、まだ生長を続けているのがオクラです。

オクラ

左:一般の培養土
右:ゴールデン粒状培養土

また、葉が増えています。
ゴールデン粒状培養土組はもちろん、一般の培養土組もなかなかの健闘ぶりです。

あちこちに小さなオクラがなっています!
この分なら、まだしばらく収穫を楽しめるかな?
オクラは収穫時期が長いですね!

ちなみに、こちらはオクラの花。
オクラはハイビスカスと同じアオイ科の仲間というだけあり、大きめのキレイな花が咲きます。

こちらはスイカです。
実がなくなってしまったことが分かるのか、新しい葉や花を着け始めています。
 
今日は久しぶりに雌花を発見!
今から実るかは分かりませんが、花びらを開けて授粉しておきました。

さて、たくさん収穫できたトマトもそろそろお終いです。

せっかく着いた実がいつまで待っても青いままです。
中にはそのまま、落ちてしまうものまで・・・。

調べてみたところ、やはり秋になるとトマトは色づかなくなるとか。
でも、捨てるのはちょっと待った!青いトマトの食べ方には、ジャム、奈良漬や酢漬けといった漬物、映画のタイトルにもなった「フライド・グリーン・トマト」などがあります。

私は「フライド・グリーン・トマト」を試したことがありますが、ホクホクしておいしいですよ!
青いトマトは市販されていませんから、これぞ家庭菜園ならではのお味です。

そして、トマトが赤くならないことからも分かるように、屋上菜園はもう秋の気配。
たくさんのトンボがプランターの間を飛び交い、園芸支柱の上で休憩しています。

「一般の培養土と比較して、ゴールデン培養土の実力を確かめよう」と始まったこの連載も今回が最終回。ほぼ初心者の編集者が四苦八苦しながらの栽培記録でしたが、いかがだったでしょうか?
約半年間の野菜づくりを終えての感想は「ゴールデン粒状培養土はやっぱり優れものだった」ということ。だって、徒長したり、低温で枯れたりした苗でも、ここまで収穫できちゃうんです。健康な苗を植えれば、もっともっとたくさん収穫できたに違いありません!

皆さんも「ゴールデン粒状培養土」で元気な野菜を育て、自家製野菜のおいしさを実感してくださいね!

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      ゴールデン粒状...新着

      ゴールデン粒状...ランキング

      総合新着

      総合ランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ