この記事を読んだ人におすすめの記事×

生育比較と収穫いろいろ

梅雨明け以降は晴れ続きの仙台。1日1回の水やりでは、ちょっと足りないかな?と思うくらい、よく土が乾きます。
暑い中の水やりは大変ですが、収穫のために頑張ります!

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.jpg?jp.co

目次

まずは恒例の生育比較から。

トマト(イエローピコ)

左:一般の培養土
右:ゴールデン粒状培養土

トマト(桃太郎ファイト)

左:一般の培養土
右:ゴールデン粒状培養土

オクラ

左:一般の培養土
右:ゴールデン粒状培養土

ブロッコリー

左:一般の培養土
右:ゴールデン粒状培養土

葉が茂り、実もたくさん着いたゴールデン粒状培養土組のトマト2種は支柱が傾いてしまいました。支柱はちゃんと固定しないとダメですね~。
さて、今回はオクラの違いがはっきり分かります!葉の色も茂りっぷりも大きく差がつきました。

そして、食べ頃となった実の様子がこちらです。ゴールデン粒状培養土組のアップ!

トマト(イエローピコ)

オクラ

ほかにはエダマメも収穫できそうです!

ぷっくりとサヤがふくらみました。

エダマメは株を引き抜いて収穫します。
しっかり根を張っているので、土ごと抜けそう!
土を手で押さえて、なんとか抜き取りました。

<収穫数の比較>

一般の培養土
ゴールデン粒状培養土
トマト
1個
6個
オクラ
1本
6本

いつもは採った野菜を洗ってから皿に載せて撮影していますが、今回は皿に載りきらないので収穫したままの写真です。
収穫した野菜の数に注目!いよいよ、土の違いが収穫量にも反映されてきましたね。

次回は忘れられた?スイカの様子を中心にお伝えします。

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      ゴールデン粒状...新着

      ゴールデン粒状...ランキング

      総合新着

      総合ランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ