この記事を読んだ人におすすめの記事×

フェンネル ~ 魚料理の付け合せに ~

【 フェンネル (セリ科) 】~ 魚料理の付け合せに ~「種まきの時期は?」「収穫期は?」「注意すべき病気は?」など野菜の栽培に必要な情報を分かりやすく掲載中。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.jpg?jp.co

目次

セリ科

特徴

魚の生臭さを消すのに、よく付け合せとして利用され、「魚のハーブ」とも言われます。和名はウイキョウといい、生薬としても有名ですね。
葉、茎、種を利用でき、夏には黄色の可愛らしい花が咲きます。

育てやすさ :★★★★☆
温度発芽温度:15~25℃
株間    :40~50cm

栽培カレンダー〔関東基準〕

病害虫

キアゲハの幼虫、アブラムシ、カメムシ

ワンポイント

・草丈1m以上に生長する上、多年草なので、株間は広めにとりましょう。

・種まき後、土は薄くかけ、本葉3~4枚の頃に間引いて一本立ちにします。

・種は、花が咲いて株全体が枯れてきたころに刈り取り、逆さに吊るして乾燥させて採ります。

・株分けでも増やすことができますが、移植に弱いので、根を切らないように深く掘り上げて移植しましょう。

栄養分

独特の甘い香りがあり、葉や茎を魚料理やサラダに、種はパンやハーブティーに入れたり、スパイスとして利用します。
消化促進や消臭、老廃物の排出による肥満防止、健胃などに効果があり、大変効能の多いハーブとして知られています。妊娠中の方は摂り過ぎないようにしましょう。

おすすめアイテム

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      野菜図鑑新着

      野菜図鑑ランキング

      総合新着

      総合ランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ