この記事を読んだ人におすすめの記事×

ゴマ ~ 小さいけれど、栄養たっぷり健康野菜! ~

【 ゴマ (ゴマ科) 】~ 小さいけれど、栄養たっぷり健康野菜! ~「種まきの時期は?」「収穫期は?」「注意すべき病気は?」など野菜の栽培に必要な情報を分かりやすく掲載中。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.jpg?jp.co

目次

ゴマ科

特徴

ゴマは、色の違いにより白ゴマ、黒ゴマ、茶ゴマに分かれます。最も油分が多いのが白ゴマ、香りが高いのが茶ゴマ、そして一般的に食され、家庭菜園でも作りやすいのが黒ゴマと言われています。

育てやすさ :★☆☆☆☆
温度発芽温度:20~30℃
株間    :20~30cm

栽培カレンダー〔関東基準〕

病害虫

モザイク病、青枯病、アブラムシ、ヨトウムシ、スズメガの幼虫、アゲハチョウの幼虫、カメムシ

ワンポイント

・原産地は、インド、エジプト、アフリカのいずれかと言われ、乾燥した暑い気候を好みます。日本で栽培する場合は、水はけの良い土を利用して多湿を避けましょう。

・種まき後、土は薄くかけます。

・密生すると、茎が細くなり倒れやすくなるので、間引きをしっかり行い、加えて土寄せもしましょう。本葉が5~6枚のときに1本立ちするように、1~2度間引きを行いましょう。

・ゴマは、1.5m近くまで生長します。倒れやすい場合は、支柱などを立てるのも良いでしょう。

・下から花が付き、開花後莢が付きます。一番下の莢がはじけたら、株元から切り取りましょう。その後1週間ほど、雨の当たらない場所で、数株ずつ束ねて立てかけ、追熟させます。このとき、葉は取り除いてしまって良いでしょう。

・大部分の莢がはじけたら、1束ずつ棒でたたいて種子を落とし、シートに広げてよく乾燥させましょう。

栄養分

ビタミンB1、ビタミンE、カルシウム、鉄、食物繊維を多く含み、まさに健康食品の代名詞です。有名なゴマリグナンは、高い抗酸化力を持ち、病気や老化の抑制に効果があります。また、コレステロール値を下げる効果もあるので、動脈硬化の予防にも役立ちます。

おすすめアイテム

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      野菜図鑑新着

      野菜図鑑ランキング

      総合新着

      総合ランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ