この記事を読んだ人におすすめの記事×

ワンポイント 第1回:病害虫の見つけ方

野菜づくりの成功を阻む害虫と病気。手塩にかけた野菜を台なしにしないため、早期発見・早期対処を心がけたいものです。
というわけで今回は、にっくき病害虫の見つけ方をご紹介します。
「野菜の様子がなんだかいつもと違う」と感じたら、すぐにチェックしましょう!

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.png?jp.co

目次

葉は元気かな?

まずは葉をじっくり見てみましょう。
虫食いのような穴やウネウネと残された白い線、フンらしき粒々はありませんか?
もしかすると犯人もその近くに!?他の葉もよ~く探してみてください。見つからない場合は夜に活動するヨトウムシかもしれません。
葉の変色や斑点は病気のおそれがあります。

葉の裏も見てみよう!

ひと目見ただけでは虫がいるように見えなくても、裏返した葉にビッチリとアブラムシやハダニが身を寄せていることがよくあります。
株全体を揺らすと小さな白いコナジラミがバッと飛び立つことも! もちろん、これらは害虫です。

茎の様子は?

虫が食べるのは葉だけではありません。茎の中を食い荒らすアワノメイガは小さな穴から出てきたフンが目印です。
また、茎が腐ったり枯れたり、斑点が出る病気もあります。

根元や全体の状態も観察!

根元近くに潜むイモムシやダンゴムシも野菜にとっては害虫です。球根に虫がいる、根がコブ状に変形する、地表近くの茎が腐っているなどの症状も見落とさないように!この他にも「しおれて元気がない」といった全体的な不調も病害虫のサインです。

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      新着コンテンツ

      アクセスランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ