この記事を読んだ人におすすめの記事×

害虫:ハモグリバエ

野菜の害虫対策 ハモグリバエ編
害虫や病気の種類ごとに、注意すべき野菜や時期、そして対策を調べました。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.png?jp.co

目次

発生しやすい野菜

ピーマン、ナス、ジャガイモ、トマト、エンドウ、エダマメ、メロン、キュウリ

発生時期

4月~10月

症状・被害・特徴

幼虫が葉の内部を這いまわってトンネル状に食い荒らし、迷路のような白い筋の食害痕を残す。別名「絵描き虫」とも呼ばれる。 食害痕の先端に幼虫やさなぎが潜んでいる。

対策

・被覆資材をかける
・見つけ次第、葉を折り取り処分する
・見つけ次第、手でつぶす
・薬剤を散布する

【注意】
・病害虫の診断について、詳しくは農協や公共の指導機関などにご相談ください。
・使用できる薬剤や使用方法は作物ごとに異なります。専門店や農協、公共の指導機関などにご確認の上、薬剤の注意書きをよく読んでからお使いください。
・薬剤に関する記載はデータ作成時点のものです。また、登録の無い薬剤も一般的にその効果が知られているものは記載しています。

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      新着コンテンツ

      アクセスランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ