この記事を読んだ人におすすめの記事×

ラッカセイ  ~ ビールのおつまみといえばコレ! ~

「種まきの時期は?」「収穫期は?」「注意すべき病気は?」など野菜の栽培に必要な情報を分かりやすく掲載中。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.jpg?jp.co

目次

マメ科

特徴

黄色のかわいい花が咲いた数日後に「子房柄」と呼ばれる、花の茎の根元が伸びて土にもぐりこみ、土の中で実ができることから「落花生」と呼ばれています。「南京豆」も「ピーナッツ」もラッカセイのこと!

育てやすさ :★★☆☆☆
温度発芽温度:20℃以上
株間株間  :30cm

栽培カレンダー

必要なもの

ラッカセイの種

あると便利!

病害虫

ラッカセイで注意したいのがコガネムシです。幼虫は根を、成虫は葉を食害します。見つけ次第捕殺しましょう。
・その他気をつけたい病害虫
ヒョウタンゾウリムシ(葉)、アブラムシ(葉、茎)、褐斑病(葉)

ワンポイント

・石灰分が不足すると空サヤができやすくなるので、タネまきの半月ほど前に石灰を施します
・種をまく時は、必ず傷がついていない種子用のものをまきましょう。皮がむけていたり、割れたものでは発芽しません。

栄養分

脂肪分、タンパク質が含まれ、ミネラル類やビタミン類も豊富なので美容と健康に効果的です。
とくに、ラッカセイに含まれるビタミンEは、老化防止の作用があります。
また、ラッカセイの脂肪分はオレイン酸なので、悪玉コレステロールを減らす働きがあります。

こちらもチェック

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      野菜図鑑新着

      野菜図鑑ランキング

      総合新着

      総合ランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ