この記事を読んだ人におすすめの記事×

いつ切り替えるか、秋冬野菜

お盆も過ぎ、我が家の周辺では朝晩だいぶ過ごしやすくなってきました。夕方はツクツクボウシの寂しげな鳴き声と、夜になれば大抵真夏とは違った風が吹き、すでに草むらからはバッタやコオロギの大合唱へと虫の主役も様変わりしています。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.jpg?jp.co

目次

お盆も過ぎ、我が家の周辺では朝晩だいぶ過ごしやすくなってきました。夕方はツクツクボウシの寂しげな鳴き声と、夜になれば大抵真夏とは違った風が吹き、すでに草むらからはバッタやコオロギの大合唱へと虫の主役も様変わりしています。
そろそろ収穫期を迎える周辺の田んぼは、穂を垂れた稲立ちがその風にたなびいて、まるで黄金の草原のように輝いています。

周りの景色は秋模様。畑はと言えば、季節的には秋冬野菜の準備をという時期です。でもね、まだなり続けるトマトやピーマン、先日切り詰めたなすの枝からは、秋なす用の新しい枝が順調に伸びている模様。この切り替え時はいつも悩みます。
うかうかしていると、大根やカブの種まき時期を過ぎて、発芽したのは良いものの、成長しきる前に寒さに突入してしまうし、かといって暑さの盛りにキャベツやブロッコリーを植えても、まだまだ活動期の虫たちの目の前にごちそうを提供したかのような食べられっぷりで、成長するまでもなく虫の餌食になってしまったり・・・。
畝をきれいにして、堆肥や肥料をすき込んでから次の作物を植えるまで少しは畝を落ち着かせる時間が欲しいしな~など、色々な考えが頭の中を張り巡るこの春夏から秋冬の野菜の切り替えは、なんとも悩ましくもあり、難しい作業です。

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      新着コンテンツ

      アクセスランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ