この記事を読んだ人におすすめの記事×

ワクワク感満載 カラフルジャンクガーデン #103 がんぞうママさん

今回は楽しさ満載、まるでオモチャ箱のようなレトロでカラフルな雑貨に囲まれたベランダガーデンです。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.png?jp.co

目次

2009年の夏からガーデニングはじめて、4年が経過しました。
手作りで少しずつ手を加えながら進化中のベランダガーデン。古道具などをディスプレイし、何となく自分スタイルのガーデンが出来つつあります。大人も子供もワクワクするような「カラフルジャンクガーデン」を目指して奮闘しています。

ベランダガーデン

西側ベランダです。窓には暑さ対策の日よけ&板壁目的で、ルーバーラティスを設置しています。限られたスペースでのペイント、取り付けは、大変な作業でしたが何とか頑張って形になりました。
ガーデンアーチ側から眺めるとこんな感じ。アーチの中に多肉棚を作ってディスプレイしています。夏は西日が強いので、日焼けしやすい多肉やサボテンをここに集めて、アーチに遮光カーテンをかけるだけで簡単夏対策が出来てます。

ルーバーのディスプレイです。ここにも多肉と雑貨をたくさん飾って、なかなか個性派揃いのベランダに進化しております。
棚に置いたサビサビのメールボックスは、3年も経つだけあってすっかり朽ち果ててしまい、でも捨てるのはもったいないし~って思ってたら・・・出来た!犬小屋ならぬ豚小屋が!

すのこを使った板壁。最初は赤色からスタートしましたが何度か塗り替えをしてきました。小道風に「胡桃の殻」やレンガを置いています。
道幅が狭くなった隅にあるDULTONのBIGな缶には土袋が入っております。今じゃスッカリ色褪せてますが、元々は黄色だったようです。 こんな風にディスプレイしながら収納が出来るのもいいですね。

我が家は南側にもベランダがあって、板壁ホワイトのナチュラル系ジャンクスタイル。西側が幅狭めの長めに対して、南の方が広く幅も広め。こちらの方がガーデニングには最適ですが、真ん中に洗濯干しがあるのでガーデニングのディスプレイはしにくいです。
こちらでのジャンクな一斗缶は蛇口付きです。「サビついて実際に水を出すことは出来ませんよ」と、買う時に念押しされました。このままの姿に惹かれたので、ジャンクなお宝です。何か植えようと思いつつも、このままディスプレイになってます。

多肉・サボテン

サビサビラックの上の多肉とサボテン達。ここは風通しが良いので蒸れ知らずです。サビ缶に革の持ち手を付けたり。鉢も自分でリメイクしたものが中心。

大好きなまんじゅうサボさん、ロフォフォラ・デフューサ。今年も次々とお花咲かせてくれました。暴れたブレビフォリウムも満開に咲かせてます。何だか多肉じゃないみたいにボリューム出てます。フォーカリアの黄色い花も咲きました。前回咲いた時は種がたくさん採れました。

色んなのが開花してくれて、ガーデニングをはじめた頃から居るのばかりが初めて咲いてる。3年くらいってのがミソ?

梅雨時期には去年購入したヘンリーヅタがすごい勢いで蔓が伸びまくりました。あちこちの鉢に覆いかぶさりジャングル化!結構ピッタリ足みたいなヒゲが勝手に張り付いて伸びていってます。
いただきもののヒスパニクム・プルプレアも絶好調にモリモリ。切って増やそうと思っても勿体なくって切れない。このキレイな状態をいつまでも保ててたらいいなあ~。
小さなサボテンからもたくさん子株が出てきています。

雑貨と並べて

レトロな鞄型ボックスの皮をはがしてワックスを塗ってリメイクしたものに、多肉苗を植えました。暴れる寄せ植えが作りたかったんです。棚にはマッチラベルを貼ったリメイク鉢。あえて崩して作りたくなるんです。

錆びついたパイプ。こんなジャンクなアイテムが大好き。長い方にはバルブを付けて、ピックみたいに刺してみました。
短い方はディスプレイとして。なんとなく好きで集めた物達を置いただけで、凄くお気に入りの場所になりました。後ろにあるのは足場板に寄せ植えしたもの。トタンの屋根が直射日光を遮ってくれてます。

レトロな手の平サイズの自転車が、最初はピカピカしてたけど、良い感じに錆びてきました。頂き物のジャンクなミニアイアンシェルフも大活躍中。ずっと前に作ったブリキのタワーとブリキのちりとりに苔のアレンジ。苔の種類はスナ苔とハイ苔のMIX。生苔は定着させたあとの成長も楽しい。

気温が下がってくると多肉たちの紅葉が楽しみな季節。これからどんどん色付いてってくれるのが楽しみ。寒くてもベランダに出るのが楽しみになります。

プロフィール

がんぞうママさん

住まい
マンション
ガーデニング歴
4年
お気に入りの植物
個性溢れる渋い系やキモ可愛い系のサボテン・ユーフォルビア・ガガイモ科
ホームページ
えぇー加減JUNK STYLE

編集部より

今回は楽しさ満載、まるでオモチャ箱のようなレトロでカラフルな雑貨に囲まれたベランダガーデンです。渋くてジャンクなものが大好きというがんぞうママさん。古道具など味のあるアイテムをリメイクしながら、たくさんの多肉と上手にアレンジ。ちょっとした物語性を感じる表情豊かなディスプレイにワクワクしますね。これからも個性あふれるガーデンづくりを楽しみにしています。

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      新着コンテンツ

      アクセスランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ