この記事を読んだ人におすすめの記事×

お気に入りの雑貨やグリーンでナチュラルな雰囲気を演出#57 fumiさん

今回は、ナチュラルな雰囲気が素敵なfumiさんのベランダガーデンを紹介します。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.png?jp.co

目次

ベランダという、植物を育てるには決して条件が良いとはいえない空間で、出来るだけナチュラルな雰囲気を保ちながら、グリーンを楽しみたいと思っています。
植物を育てることで、自然を感じ、ともに育ちたいと願いながら、暮らしています。

ベランダの全容

2008年8月に、思い切ってベランダの改造をしました。
まず隣家とのさかいにある配管などの目隠しをかねて、板壁をたてました。その前はウッドデッキにして、床部分にはレンガを・・・。窓際の壁の出っ張りを利用してパーゴラも設置。ガーデンらしい雰囲気が出たでしょうか。

ウッドホイールは定番過ぎてちょっと気恥ずかしいのですが、やはりベランダガーデンにはなくてはならない??アイテムです。

隣家との境に取り付けた、板壁と秘密の扉(?)です。取っ手のついた扉の向こうに避難用の隔て板がありますので、扉は簡単に外れるようにしてあります。

ウッドデッキ。大きなすのこを敷いたようなものです。
板を使ったところは、腐食防止をかねてすべてペイントしましたが、はじめに黒のスプレーでざっと塗っておいてから、白いペンキを塗りました。そのほうが白いペンキの塗りむらが目立たないそうです。

エアコン台です。上には多肉ボックスなどが置かれています。
多肉植物はそれほど興味がなかったのですが、知人に何鉢かいただき、身近に見ているうちにその可愛さに目覚めました。

パーゴラです。ベランダ中央にある壁の出っ張りを利用しています。
マンションの建物自体に釘を打っていませんので、パーゴラを安定させるために床板をつけました。天板は、出来合いのラティスを利用して。

バラを誘引してあるアーチです。
アイアン棚受けを飾りとして付けました。扉は、生活スペースと区切る結界になっています。

ウッドデッキのないところはレンガの小道に。植物とレンガの温かみのある色が合っていると、気に入っています。
レンガと鉢の間には「くるカラ」をしいています。ナチュラルなイメージになったと思います。

バラ

バラはイングリッシュローズを中心に育てています。
花はほとんどがピンク。薄いピンクから濃いピンクまでのグラデーションに酔いしれていますが、時としてアプリコットピンクはオレンジに近い色になることがあります。それもまた楽しい誤算ですね。大きなバラが咲いていると、そこだけ光が当たっているように華やかです。バラを見ていると不思議に力がわいてきます。

クレマチス

クレマチスをベランダに迎えて3年目になり、お付き合いの仕方が少しわかってきました。心をこめて、正しく育てれば必ずこたえてくれる。そんなグリーンなのですね。

ヘレボルス

ヘレボルスは10年程前、神秘的な美しさに魅了されました。当時は原種に近いものしか手に入りませんでしたが、少しずつ鉢植えは増えています。最近はダブルやセミダブル、そして色も豊富ですね。
ベランダ栽培では、夏の暑さを無事に越させるのが大きな課題ですが、早春に美しい花を咲かせるのを夢見て、世話をしています。花の咲いている期間が長いので、しばらく楽しめるのも嬉しいですね。

常緑の植物

オリーブやシマトネリコなどは、平坦になりがちなベランダに、高低の変化をつけてくれます。
そして鉢の根元には、ワイヤープランツやアイビーなどを植え込んでいます。地味ではありますが、ほとんどが常緑で、ベランダガーデンになくてはならない植物達です。

ハーブ

ハーブは、バラの虫よけのつもりで植えましたが、徐々にその良さがわかってきました。葉の緑も美しく、その香りは心を満たしてくれます。そしてティータイムやお料理にも活躍してくれるハーブたち。今では生活の中で、なくてはならないグリーンになりました。

アメジストセージ。赤紫とも薄紫ともつかない色で咲いています。

お料理に重宝なチャイブとアップルゼラニウム。

枯れそうになっては復活しているイタリアンパセリです。

実のなるもの

ブルーベリーは、すべてラビットアイ系。
春に花が咲き、実がつき、徐々に熟していく様は本当に美しく、自然の恵みを実感します。秋から冬には紅葉も・・・。1年を通して楽しめるブルーベリーに夢中です。

ブラックベリーです。収穫があると冷凍します。量がたまったらジャムなどにします。

お気に入りの雑貨

アンティ-クな雰囲気の鳥かごは、とても気に入っています。これをどこにおいて配置換えをしようかしら、と考えるのも楽しみの1つです。
手前はブルーキャットアイ。
ウッドボックスはワインボックスから簡単DIYで作ったもの。チキンネットを張って、金具でぶら下げました。

クリスマスにはベランダをデコレーション。つかの間のイルミネーションを楽しんでいます。

ガーデングッズは、あっちへ置いたりこっちへ置いたり、気分で移動させています。

このマンションでガーデニングを始めて2年。鉢が少し増えすぎました。
ナチュラルな雰囲気をこわさないで、最少数の鉢植えで最大の効果をあげたい。
四季にあわせての配置換えを考えています。

プロフィール

fumiさん(女性)

住まい
マンション
ガーデニング歴
10年くらい
お気に入りの植物
バラとハーブ
ブログ
my life with garden

編集部より

今回は、ナチュラルな雰囲気が素敵なfumiさんのベランダガーデンを紹介します。白い壁に、味のある雑貨や瑞々しいグリーンがとても映えていますね。
ベランダならではの工夫・苦労があると思うのですが、パーゴラやアーチ、ウッドデッキの設置など、限られた空間をめいっぱい使って楽しんでいる様子がうかがえます。またガーデングッズや鉢植えの配置換えも頻繁とのこと。気持ち良く過ごせるお庭作りを常に心がけているのでしょうね。
ブログでは、テーブルでのティータイムのことや自家製のハーブやフルーツを使ったお料理なども紹介されています。身近に自然があることの魅力を改めて感じさせてくれるお庭でした。

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      新着コンテンツ

      アクセスランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ