この記事を読んだ人におすすめの記事×

バラの魅力いっぱいの素敵なお庭#27 takumamaさん

takumamaさんのお庭は、つるバラが咲くアーチをくぐったり、パーゴラの下で休んだり、ガゼボでティータイムを過ごしたりと、バラの魅力をすぐそばで感じられる工夫がいっぱいです。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.png?jp.co

目次

バラや宿根草などが、四季折々に色や香りを楽しませてくれる庭を目指して日々奮闘しています。
大好きなお花たちの魅力を最大限に引き立てるアーチやパーゴラ、ガゼボのあるお庭です。

ジュラストーンで製作したメインガーデンには、お気に入りのモニュメントを飾っています。アーチをくぐると広がるこのメインガーデンは、バラの甘い香りが漂います。

アーチ・パーゴラでつるバラを立体的に仕立てる

庭への入り口のアーチです。大好きなバラのアーチを目指しています。
左側はつるアイスバーグ、右はスノーグースです。
手前の黄色いバラはゴールデンセレブレーションです。

つるバラのヒマラヤンムスク、バフビューティのパーゴラです。

庭の奥にあるアーチです。
バラとクレマチスが一緒に咲いて楽しませてくれました。
バラのピエール・ド・ロンサールと今年は長く咲いてくれたクレマチス・カルトマニージョー(アーチ左)とクレマチスのベル・オブ・ウォッキング(アーチ右)です。

アーチの周りに咲くバラとクレマチス。美しい共演です。

ガゼボへ続くアーチです。白く美しいナニワイバラが咲き誇ります。

ガゼボのある風景

育てたバラを優雅に眺めながらティータイムを過ごしたいと、ガゼボを作りました。
初夏には、ソンブロイユとシティオブヨークのバラが咲き、素敵な時間をプレゼントしてくれます。

お花が咲き終わると、脚立に上って花柄摘みをします。
ソンブロイユの他、アウェイクニングなど、“バラの屋根”が絶えず咲き続けます。「白い屋根」、「ピンクの屋根」と、バラの種類によって、屋根の模様替えも楽しんでいます。

プロフィール

takumamaさん(女性40代)

住まい
一戸建て
ガーデニング歴
15年
お気に入りの植物
バラ、クレマチス、宿根草
ホームページ
http://www5d.biglobe.ne.jp/~takumama/

編集部より

takumamaさんのお庭は、つるバラが咲くアーチをくぐったり、パーゴラの下で休んだり、ガゼボでティータイムを過ごしたりと、バラの魅力をすぐそばで感じられる工夫がいっぱいです。
また、お庭に花が絶えないように、いろいろな種類の草花を育てており、季節の移り変わりを感じられる素敵なお庭です。
takumamaさんのホームページでは、この素敵なお庭が出来るまでの歴史やtakumamaさんが育てたバラやクレマチスの図鑑など、ここでは語りきれない魅力を知ることが出来ます!ぜひチェックしてみてくださいね!

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      新着コンテンツ

      アクセスランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ