この記事を読んだ人におすすめの記事×

10月の作業:ハーブの手入れとさし木、株分け

ハーブのさし木や株分けって、春だけだと思っていませんか?実は秋も適した季節。夏に育った若い茎を使って株を増やしたり、株を分けて増やしたりしてみませんか?

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.png?jp.co

目次

<秋にさし木・株分けできるハーブ>
オレガノ、センテッドゼラニウム、チャイブ、ミント、レモンバームなど

観葉植物の冬の管理

1

若くて勢いのある茎を10センチほど切り、下部4センチくらいまでの葉を取って、水に2~3時間挿しておきます。切り口を斜めにカットするのがポイントです。

2

清潔な土を育苗箱やプランターなどに準備し、あらかじめ水で湿らせておきます。

3

土の表面に穴を開け、その穴の中に茎を挿します。周囲の土を押さえるようにして植え込みます。

4

1週間ほど風と直射日光を避けた場所に置き、その後はだんだんと日光にならすようにしましょう。

株分けの方法

1

株分けできる状態にある苗を見分けます。ポットやコンテナの底から根が出ているもの、またポットから苗をはずしてみて、土の外側がたくさんの白い根で覆われているものは、株分けした方がよい苗です。

2

苗をポットなどから抜き取ります。根の部分を手で裂くか、鋭利な刃物で切り分けます。

3

2~3芽に必ず根をつけてひと株とし、ひと株ずつ植え付けます。

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      ガーデニング作...新着

      ガーデニング作...ランキング

      総合新着

      総合ランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ