この記事を読んだ人におすすめの記事×

8月の作業:夏の草花の切り戻し

夏は雨が多くても、乾燥が続いても植物たちには過酷な季節なのです。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.png?jp.co

目次

雨が多い場合は、病害虫が発生しないように植物自身を丈夫に、また事前に虫除け剤などを散布しておきましょう。乾燥の場合は下部の葉が枯れ出したり、ハダニが発生したりします。こちらもこまめな水やりと虫除け剤で対処しましょう。

ダリアの切り戻し

ダリアはもともと涼しい土地が原産。湿度が高く高温が続く真夏には、元気がなくなってしまうことも。花が終わった ら、切り戻しをしてあげましょう。地面から3~4枚目の葉の上を切り、液肥や化成肥料を追肥として与えます。これで真夏のダメージを最小限におさえ、秋に 再び花を咲かせます。

その他の草花の切り戻し

ダリア秋まで咲きつづけるサルビア、マリーゴールド、ジニアは8月中旬から下旬にかけて、地上部を切り戻しましょう。切り戻した後に液肥を与えておく と、9月中旬から下旬にかけて再び花を咲かせます。

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      ガーデニング作...新着

      ガーデニング作...ランキング

      総合新着

      総合ランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ