この記事を読んだ人におすすめの記事×

サボテン|9月の観葉植物

ユニークな形が人気のサボテン。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.png?jp.co

目次

サボテン

サボテン

ユニークな形が人気のサボテン。大変種類が多く、様々な形があります。丈夫で、手間もかからないので初心者にもオススメです。

カテゴリー 観葉植物
科名 サボテン科
原産地 南北アメリカ大陸
耐寒温度 約7℃
生育適温 20~30℃
咲く(品種によって異なる。)

サボテンの年間栽培スケジュール

苗を選ぶポイント

★ ポイント 1

根がしっかりしているもの
サボテンは根の故障の多い植物です。美しいサボテンでも、根腐れしていると将来性がありません。
根の状態をしっかり確認しましょう。 ★ ポイント 2

がっしりしていて、徒長していないもの
下部が茶色に変色しているものや、徒長しているものは老化している証拠です。
がっしりしてよく引き締まったサボテンを選びましょう。

★ ポイント 3

病気や傷のないもの
害虫のついたものや、斑点のでたものなどを避け、元気な苗を選びましょう。

置き場所

春・秋
春と秋がサボテンの生長期です。年間を通じ湿度を避け、風通しのよい場所で管理する。


本来、砂漠に生育しているので日光には強いと思われがちですが、高温多湿の日本の夏には、生長が鈍くなります。
夏は風通しの良い明るい日陰に置きましょう。


サボテンは冬に休眠します。寒さには強いですが、暖かい室内が適しています。日のよく当たる窓辺に置きましょう。
その時には、日焼けしないように、徐々に直射日光に当てるようにしましょう。

水やり

春・秋 鉢土が乾いたら水をたっぷり与えます。

夏・冬 生長しないので、月2回くらいに控えます。

鉢土が接着剤で固められていて、水がしみ込みにくい場合には、こんな方法で水やりしましょう。
  • 素焼き鉢の場合
    30分程度、鉢を水につけて吸水させます。 30分程度、鉢を水につけて吸水させます。

  • 素焼き鉢以外の鉢の場合
    10分ほど、鉢ごと水に沈めます。 10分ほど、鉢ごと水に沈めます。

肥料

サボテンは生長がゆっくりなので、他の植物ほど多量に肥料を施す必要はありません。
植え替え時に、緩効性化成肥料を元肥として用土に加えていれば、追肥の必要はありません。
特に株が弱っていたり、元肥を与えていない場合には、生育期に規定の量に薄めた液体肥料を月3~4回施します。

植え替え

サボテンは根腐れを起こしやすく、用土に飽きやすい性質があるので、年1回程度植え替えするとよいでしょう。
植え替えの適期は、3月中旬から5月、8月中旬から9月中旬です。 ~植え替えの手順~
  • 1 サボテンを鉢から抜き、古い土を3分の1くらい落とします。
    植え替え作業の10日前くらいから断水して用土を乾かしておくと、根を傷めず、作業もラクです。

  • 2 根をチェックし、腐った部分があれば、切り取りましょう。

  • 3 根の切り口に被膜ができるまで、風通しのよい半日陰で乾かしてから植え付けします。

  • 4 サボテン用の専用土で植え付けをします。

植え替え後の管理
よく日の当たる場所に置き、鉢土を温めましょう。
鉢内の温度が低いと発根しないため、植え替え後7~10日くらいは水やりを控えましょう。

増やし方

子株を自然につけるサボテンは、挿し木で増やすことができます。
  • 1 清潔なナイフで、子株をつけ根から切り取ります。

  • 2 切り取った子株は、2~3日風通しのよい半日陰で切り口をよく乾かします。

  • 3 清潔な挿し木用土に植え付けます。深く挿すと発根しないので、土と接する程度に植え付けします。 清潔な挿し木用土に植え付けます。深く挿すと発根しないので、土と接する程度に植え付けします。

  • 4 2~3ヵ月後に、サボテン用の専用土に植え替えします。

根元が腐った場合の対応

  • 1 腐った部分を残して、清潔なナイフで切り落とします。 腐った部分を残して、清潔なナイフで切り落とします。

  • 2 1週間~10日ほど、風通しのよい半日陰で切り口を乾燥させて、挿し木にします。
    挿し木同様、深く挿さずに、土に立つくらいにします。

ここをチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      今月の観葉植物新着

      今月の観葉植物ランキング

      総合新着

      総合ランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ