この記事を読んだ人におすすめの記事×

ラブリーハボタン

今回はとってもラブリーな「ミニミニハボタン」と2年越しの「踊りハボタン」を使ったご提案です。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.png?jp.co

目次

『ラブリーハボタン』

ラブリーハボタン

ハボタンと聞くと、キャベツみたいでかわいくない…と思われる方もいることでしょう。
確かに以前はキャベツ並みの大きさでしたし、色もさほどきれいではありませんでした。
でも、ここ何年かは大きさも色もステキな子が多くなってきました。
何より、寒さに強くて、春まで楽しめる…なんて嬉しいですよね?

今回はとってもラブリーな「ミニミニハボタン」と2年越しの「踊りハボタン」を使ったご提案です。

材料
花材
ミニミニハボタン
手の大きさと比べていただけると大きさが分かりますか?
踊りハボタン
ハボタンは花が咲くと捨ててしまう方が多いと思いますが、1年目のハボタンをそのままにしておくと、アブラナのような黄色の花が咲きます。
その後、種ができる頃に下の方でカットすると、わき芽が出て来てハボタンがまた出てきます。大きさはメキャベツぐらいです。これを3~5本程度残して育てると、こんな踊りハボタンが出て来ます。
  • コケ

  • セラミス(ハイドロボール)

  • 器2種

作り方
ハボタンの土を軽くほぐして、セラミスで植えます。ミニミニハボタンの方は、1本ずつバラバラにほぐしてください。

表面にコケを置きます。見た目もスッキリし、乾燥を防ぎます。

\完成/

何ともかわいらしいですよね。真上から見るとバラのようです。 寒ければ寒いほど良い色が出るので、今の時期にピッタリです。

早坂ひろみ先生のプロフィール
ガーデニングプロデューサー。結婚を期に仙台へ。庭付きの一軒家に住むようになってからガーデニングに目覚めもう勉強。その後、専門学校の講師、ガーデンショップの企画、ホームセンターの商品部への勤務を経て、現在に至る。スクールの講師、ガーデンデザイン、イベントでの講演など宮城県を中心に活躍している。朝の情報番組『ウォッチン!宮城』にも出演中!!
早坂ひろみ先生

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      素敵にガーデンライフ新着

      素敵にガーデンライフランキング

      総合新着

      総合ランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ