この記事を読んだ人におすすめの記事×

犬のホルネル症候群

瞬膜が飛び出たり、眼球が陥没するなど目の部分に表れて見える病気で、脳幹、胸部脊髄の神経障害、頸部の外傷などによって起こります。 . チワワ、ダックス、ヨークシャー・テリア、トイ・プードル、ボストンテリア、ペキニーズなど 人気の小型種・短頭種に、先天性水頭症としての発生が多い傾向にあります。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.jpg?jp.co

目次

原因

・先天性異常
・外傷
・炎症
・感染
・新生物(腫瘍などの新しく産まれた物体)
・中耳炎、内耳炎
・特発性(原因不明)

犬のホルネル症候群は特発性か目立たない外傷性損傷(リードが首に絡まるなど)によって引き起こされることが多いです。

症状

・縮瞳・・・瞳孔が縮むこと
・第三眼瞼の突出・・・瞬膜が飛び出てみえること
・上眼瞼の下垂
・眼球陥没・・・眼球の内側への落ち込み(視力に影響はありません)

診断

脳原因となる疾患を見つけるための検査になります。
・身体検査
・眼科学的検査
・神経学的検査
・耳鏡検査
・X線検査:頭部、胸部、脊髄を検査
・CT・MRI検査:脳幹部、眼球周囲、中耳を検査
・超音波検査:眼球周囲の検査
・薬理学的検査:神経のどの部分が障害されているのか点眼薬を使って調べます。

治療

原因疾患を治療します。
経過は原因疾患の重篤度により、特発性の場合は症状の一部もしくはすべてが回復するのに4ヶ月かかることもあります。

  • ペットキャリー特集ペットキャリー特集
  • トイレ用品トイレ用品

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      新着コンテンツ

      アクセスランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ