この記事を読んだ人におすすめの記事×

ブログ『にゃろま☆セラピー』のバジルくんに聞きました!

ブログ『にゃろま☆セラピー』のバジルくんにインタビュー!バジルくんと飼い主との出会いは?マイブームは?・・・などなど気になる質問に答えてもらいました。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.png?jp.co

目次

バジルくんのプロフィール

“クール系プリンセス”のローズたん、末っ子のひのきちゃんの2にゃんずと暮らすバジルくん。レディには優しい、イケメンな男の子♪

Q & A

Q1 名前と名前の由来

バジルだよう。バジルはハーブの王様なんだ。

Q2 年齢

2歳だよう。

Q3 誕生日

2014年10月31日ハロウィン生まれなんだ。

生まれて5日目だよう。

Q4 飼い主との出会いは?

ぼくに、ひとめぼれしたんだって。

ちっちゃいぼく。

Q5 性別

おとこのこなの。

ライオンキングを目指してるんだ。

Q6 猫種

ソマリ。色はルディだよ。

もふもふだよう。

Q7 普段は飼い主に何と呼ばれていますか?

バジル、バジルくん、バジ、バジるん、バジくん。

Q8 身長・体重

頭からおしりまで46センチだよう。体重は4.2kg。

大き目だけど、狭い所にも入れるよう。

Q9 肉球の色は?

赤茶色だよう。

触りたくなるでしょ??

Q10 家族構成

ツンデレなローズたんと、元気なひのき。

ひのきったらセンターで生意気なんだよう。

Q11 一番好きな人

お母さんと、ちびちゃんだよ。

いっぱい遊んでくれるからね。

Q12 好きな食べ物

おいしいおやつなら、なんでも好き。

夢中になっちゃうよね。

Q13 嫌いなもの

昔は自分の毛玉が怖くて、シャーって言っちゃってたんだ。

こっちにこないで!

Q14 趣味・特技

袋があると、入らずにはいられないよう!

ぼく、ご機嫌♪

Q15 自分の前世はなんだったと思う?

うーん・・・リス、かなぁ。

赤ちゃんの時は頬袋があったんだよう。

Q16 長所

レディには手を出さないで、ぐっと我慢するんだ。

こんなお顔になっても、やり返さないよ!

Q17 短所

でもひのきには、時々ぱんちしちゃうんだ。

だってひのきは、しつこいんだ。

Q18 マイブーム

毛玉をくわえて遊ぶことかなぁ。

誰にも渡さないよう!

Q19 普段のごはんは何ですか?

カリカリだよ。毎日おんなじなんだ。

ぼく、食べるのが遅いんだよ。

Q20 飼い主との関係を一言で言うと?

大切な関係だよう。

お鼻でごあいさつ。

Q21 今一番ほしいものは?

今よりも大きなケージかな。

出してよーう!

Q22 今迄で一番怒られたことは?

障子を破った時だよ!

ここから外が見えるんだ。

Q23 飼い主の好きなところは?

毎日なでなでしてくれて、「好きだよ」っていっぱい言ってくれるところ。

だいすき!

Q24 飼い主のこれだけはやめてほしいと思うところは?

寝てると「ちゅー」ってしてくるところ。

このお鼻が好きなんだってさ。

Q25 スリーサイズ

よくわからないなぁ。

スタイル良いかなぁ??

Q26 好きなタイプ

ぼくはローズたんが好きなんだ。

いつも一緒にいたいの。

Q27 出身地

福岡県なんだって。

ひのきのあごの模様は、九州に似てるんだって。

Q28 好きなテレビ番組

テレビは見ないけど、テレビの前が好きなんだ。

寝心地さいこー。

Q29 好きな場所

ごはん台の上だよ。

美味しい夢が見れる気がする・・・

Q30 今後の野望は?(今後の夢は?)

巨大毛玉の、さらなる巨大化!

大きいでしょ♪

Q31 最近あった嬉しい事は?

去年、ひのきが家族になったんだ。

こう見えて仲良しなんだよう!

Q32 口癖は?

むう。

おくちが「への字」なんだ。

Q33 あなたのライバルは?

イケメンの皆さん。

ぼくってイケニャンでしょ??

Q34 飼い主へ一言。

これからも、ぼくとローズたんとひのきを、いっぱいいーっぱい愛してよう。

編集部より

バジルくんインタビューありがとうございました!
バジルくんはとっても表情豊かですね。外を見ている背中の写真も味があって、いい感じです♪去年家族になった、ひのきちゃんにとってはきっと憧れのお兄ちゃんなんでしょうね☆

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      ブログで人気の...新着

      ブログで人気の...ランキング

      総合新着

      総合ランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ