この記事を読んだ人におすすめの記事×

第一回 犬との出会い

あなたの日常に現れた憎めないあの子。今ある幸せも犬がいるから感じられる。
そんな幸せいっぱいのみなさんにアンケートを実施!
犬との出会いやどんな時に幸せを感じるのか、
人気ブロガーさんや会員のみなさんの幸せエピソードをご紹介します。
第一回は犬との出会いについて。運命的な出会いや迎え入れた理由などをご紹介します

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.png?jp.co

目次

どのように愛犬を迎え入れましたか?

39.9%がペットショップから

みなさんと愛犬の出会いは、約4割の方がペットショップから迎え入れたという結果になりました。また、ブリーダーからは20.1%、友人・知人からは16.0%でした。
犬を飼おうと決めて、犬種や性格も考慮し、ペットショップやブリーダーからじっくり選んで飼われる方が多いようです。
犬は野良・捨て犬を家族に迎え入れた割合は猫よりも低く、10.0%となっています。(猫は44.3%)
ここからは、みなさんの出会いのエピソードをご紹介します!

運命の出会い編

ハンドルネーム:くま&ひろちゃんさん愛犬: ポコ 出会いのきっかけ: ペットショップ

妻とたまたま買い物に行ったスーパーマーケットの敷地内にペットセンターがあったので、少し覗いてみると凄く愛想のいい可愛い生後45日のロングコートチワワ(オス)がいました。 ながく見つめていると店員さんが抱いてみますか!と言って来たので、可愛さのあまり抱いてしまったのが店員さんの作戦に引っかかってしまい飼うことに・・ 今までチワワは好きな犬種ではなかったのですが・・こんな可愛い子犬はいないと一目惚れしてしまい、妻を説得し私が家に連れて帰れなければいけないと思いました。今では愛犬も11歳になりましたが運命的な出会いだったと思っています。

ハンドルネーム:ボニたんさん愛犬: チョロ、サラ 出会いのきっかけ: ペットショップ

去年の8月に15歳で愛犬を亡くし、思い出しては泣いてばかりの日々でした。 ジャックラッセルの男の子と女の子の2頭飼いは私の夢でしたが、3月に地元近くにホームセンターがオープンし、そこにまさかのジャックの兄妹が! 抱っこさせてもらった時、亡くなった子を思い出し涙が出ました。泣いてばかりの私に出会わせてくれたんだと思いました。 2頭飼いは経験がなく不安でしたが、2頭をどうしても引き離すことができず、一緒に我が家に連れてきました。今はこの子達を我が子にして本当に良かった。とても幸せな日々を送ってます♪

ハンドルネーム:らずらずさん愛犬: ラズ 出会いのきっかけ: ペットショップ

犬が飼いたくて漠然とペットショップに行っていた時期があり、その日もふらっとペットショップに見に行って、始めは他の子を見ていたのですが、 一周した時、目を覚ましてこちらを見ていた目と目が合って、一目ぼれして連れて帰りました。

ハンドルネーム:コタコタさん愛犬: コタロウ 出会いのきっかけ: ブリーダー

猫を迎えたくて探していた頃、地方新聞の投稿欄に「可愛いチワワの子犬が産まれました」とブリーダーさんが載せていたのを見て、すぐに連絡を取って逢いに行き決めました。いつもはテレビ欄しか見ない新聞を、その日はたまたま隅々まで読んでたのが不思議です。

ハンドルネーム:密椎さん愛犬: ミッシー 出会いのきっかけ: 友人・知人から

知人の紹介で、黒ラブが9頭生まれたというお宅へ引き取りに行き、広いリビングを動き回っていた9頭の中から、初めから名前ありきだったので「ミッシー!!」と呼ぶと、怖がらずにニコニコ笑顔で一番に近づいてきた。

ハンドルネーム:alohamamaさん愛犬: aloha、mahalo 出会いのきっかけ: ペットショップ

20年間一緒に暮らしていたシャム猫が虹の橋を渡り、毎日がつらくて悲しくてさみしくて、このままだと自分が崩壊すると感じました。その環境から脱出する方法は、猫ではなく犬と共同生活することだと思いました。アイリスさんのサイトの中にある「自分に合う犬種は何?」というところから2頭候補が上がり、2頭の犬種をいろいろと調べてから、迎える子を決定しました。

感動の出会い編

ハンドルネーム:もも太小僧さん愛犬: もも太 出会いのきっかけ: 友人・知人から

親戚が飼う予定だったのですが、元々いたワンちゃんがヤキモチをやき、親戚の家から、我が家へ来ることになりました。 突然のことだったのでかなり戸惑いましたが、親戚のうちから帰るときは玄関先で「帰る、帰る、一緒に帰る!」と私に飛び込んできましたし、 帰りの車の中では私の膝に抱っこしたまま離れませんでした。今なら車の中で抱っこしたままなんてありえないのですが、 今考えると、あの時は「家族を見つけた!」とホッとしたのかもしれません。

ハンドルネーム:ぴよ2325さん愛犬: 花(ハナ) 出会いのきっかけ: ペットショップ

ずっとフレンチブルドックかパグが欲しいと思っていて、1年前ぐらいからずっと探していました。ただ、本当に飼えるのか?という自身もなく、ペットショップで見るだけの日々が続きました。 私の誕生日に旦那さんが、せっかくだからペットショップに見に行こうと。その時、私の誕生日とほぼ同じ日の生まれの黒パグがいました。 すごく縁を感じ、旦那さんに本気で頼み込むと、飼っていいとOKが出ました! ペットショップに通ったこの1年間は、世話を続けるための意思を固める時間だったのかもしれません。

ハンドルネーム:ちばきさん愛犬: ここあ 出会いのきっかけ: 友人・知人から

親戚のおうちで生まれた仔でした。たまたま母犬の出産にも立ち会うことができたので、生まれた時からずっと一緒です。 4頭産まれた中で、一番情けな~い顔をしていて放っておけなくてもらい受けました。

ハンドルネーム:リコピンさん愛犬: ポチ 出会いのきっかけ: ペットショップ

我が家は母子家庭で、息子(一人っ子)がおりまして、小学校入学前に引っ越しをしました所、学校でひどいいじめに遭い、1年生の息子が死にたい・・とまで口にするようになり学校にも行きたくないと毎日泣いている日々が続きました。しばらくして息子にチック症状が出始め、そんな際ホームセンターのペットショップでポチと出会いました。私自身犬の購入については経済的また、飼いつづけられるだろうか・・かなり悩みました、・・しかしながら息子たってのお願いもあり、また子供の成長の過程で動物にふれあいをさせる事で、命の重さ等、何かしら影響があるはず!と思い、ちゃんとお世話をする!と言う事で購入しました。しばらくして驚くことに息子のチック症が治り、今ではポチと一緒に寝食を共にし、僕の妹☆(^○^)と言い日々を過ごしております。ポチには感謝しかありません・・。

ハンドルネーム:マリリン姫さん愛犬: マリリン 出会いのきっかけ: 里親募集のサイトから

バレンタインの日でその日は雪が降ってました。一般家庭に産まれた子でその方のお家にお迎えに行きました。マリリンを産んでくれたママとパパと兄弟もたくさんいて、簡単な面接を受け自宅に連れて帰ろうとしたらマリリンのママが悲鳴のような吠え方をしていてとても辛かったです。マリリンを産んでくれたママ、面倒診てくれたご家族には感謝してます。数年にはシニアになりますが長生きできるように愛情込めて育てていきたいと思います。

ハンドルネーム:room335さん愛犬: フラット 出会いのきっかけ: ペットショップ

ホームセンターのペットショップをのぞいたとき、先天性の障害あり。里親募集の写真を見て、娘が「かわいそう。連れて帰ろう」と言いました。私は、おじいちゃんに聞いてからと、一度帰っておじいちゃんを連れて行き、おじいちゃんの一言、「おまえうちの子になるか」で、我が家の子になりました。

「サモエドクローカのモフモフ日記」連載 こじこじさんとクローカくんとの出会い編

クローカとの出会い

近所のパブで出会った、ホワイトシェパードとホワイトマラミュートの大型ハイブリッド犬(体重45kg)に感銘を受けた ますた(夫)が「白い大きな犬を飼いたい!」 と言い出したのがきっかけ。サモエド専門犬舎でタイミングよく出産があり、運よく我が家に迎え入れることになりました。サモエドのような希少犬種では、仔犬待ち1年以上というケースもあるので、 やっぱり縁があったのかな?と思います。

編集部より

みなさんそれぞれにドラマチックな出会いがありますね!出会うべくして出会ったワンコたちはどのワンコも幸せいっぱいですね☆アンケートにご協力いただいたみなさんありがとうございました!次回もお楽しみに♪

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      犬のいる生活~...新着

      犬のいる生活~...ランキング

      総合新着

      総合ランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ