この記事を読んだ人におすすめの記事×

第42回 ハロウィン~トリック・オア・トリート~

仮装した子ども達が近所を回り、「トリック・オア・トリート(Trick or Treat?)」と言ってお菓子もらい歩くハロウィン。年に1度のイベントを、凝った飾りつけで楽しまれているお部屋をご紹介します。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.jpg?jp.co

目次

第83回 美紀さん

サンフランシスコにお住まいの美紀さんのお部屋。市販の綿状のクモの巣を張り巡らせて家の中を「幽霊屋敷」のように。傾いた額縁を「このままの方が“廃墟”っぽくていいじゃない!?」と思い、敢えて傾いたままにしておくことに。ハロウィンのデコレーションは、さすが本場です。

Point

まるで本物と思うようなムード作り

第154回 haluluさん

ダイニングとキッチンの間の壁に、マスキングテープで木のウォールデコを作成。黒画用紙で作ったカボチャやコウモリを加えて、ハロウィンバージョンに。玄関のハロウィンディスプレイは、本物の木の枝や黒とシルバーのペーパーポンポンなどを飾って、墨絵のような雰囲気にしました。

Point

壁一面でハロウィンを再現

コンテスト *タンタンさん

「素敵なお部屋コンテスト」で入賞された*タンタンさんのお部屋。玄関スペースのチャーチチェアを置いて、季節のディスプレイを楽しまれています。写真を飾ったり、クリスマスカードを作成して家族や友人に送ったり。インテリアとともにイベントを存分に楽しまれているようです。

Point

ディスプレイの細部までこだわりを

ハロウィンといえばカボチャですが、実物があっても無くても、工夫すれば雰囲気づくりは可能です。あなたのお部屋も、今年はハロウィンディスプレイにチャレンジしてみませんか?きっといつも以上に季節を楽しめるはず!おすすめです。

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      新着コンテンツ

      アクセスランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ