この記事を読んだ人におすすめの記事×

秋の健康管理

日々涼しくなり、ペットたちにとってとても過ごしやすい季節になってきました。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.jpg?jp.co

目次

日々涼しくなり、ペットたちにとってとても過ごしやすい季節になってきました。
でもちょっと待ってください。酷暑や季節の変わり目の変化などで愛犬、愛猫にはかなりのストレスがかかっていたはず、若い子達ならまだ抵抗力があり心配はあまりないと思いますが、6歳以上の中年壮年世代また10歳を超える老齢世代は心配です。そこで健康診断を受けてみては?
今回は動物病院で行なっている「健康診断」について簡単に紹介します。

(1)血液検査

ほんの少しの血液で、体の中で今起こっていることがいっぱいろいろ分かります。栄養状態、貧血の有無、感染症にかかってないか、肝臓や腎臓の状態、その他身体に必要な成分の過不足等。

(2)超音波エコー検査

動物に苦痛を与えず簡単にすぐできる検査で体の中に異常な液体が貯まってないか、腫瘍などのできていないか、また心臓のリアルタイムの動きや形態の異常を知る事ができます。
レントゲンでは危険な妊婦胎児診断などにも行ないます。

(3)X線検査

もっとも重要な検査の一つで各臓器の形態、大きさをみたり腫瘍や心臓の状態、骨の異常を調べます。 また造影剤をあわせて使用すると脊髄や腸や胃や膀胱の細かい部分の診断も可能になります。

(4)内視鏡検査

胃カメラの事で食道や胃、腸の一部を細かく観察でき場合によっては異常な部分をマジックハンドのようなものを使い採取しそれを細かく検査しさらに精密な診断も可能です。

(5)心電図、心音図検査

心臓の活動を電気的に診る検査で主に心臓の肥大の程度と不整脈を診断します。
また心音図は心臓から出る異常音(心雑音)の診断に威力を発揮します。

(6)その他(糞便検査や尿検査、特殊な眼検査等)

尿検査では蛋白、ブドウ糖、潜血、PHなど 糞便では虫卵、原虫、各種細菌などを調べます。
人と同じで動物も早期診断早期治療は大事です。
症状が進んでからでは経済的負担はもとより命にかかわることもあります。詳しくはホームドクターにお問い合わせください。

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      新着コンテンツ

      アクセスランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ