この記事を読んだ人におすすめの記事×

シマリスの尾抜け

シマリスの尾抜けについてご紹介します。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.jpg?jp.co

目次

シマリスの尾抜けは、最もよくみられる病気の一つです。症状が見られない軽度のものから、生命に関わる状態まで、さまざまな病態をとる、判断の難しい病気です。

【原因】

飼育下においては、捕まえようとして尾をつかんだ時に起こることが多いです。あるいは、尾をケージやドアなどに挟んだときに発生します。

【症状】

尾の皮膚が、被毛のついたまま脱落し、尾は骨と筋肉が露出した状態になります。通常は痛みも出血も見られません。時に自咬する場合があります。

【診断】

発生状況と、特徴的な外観で診断できます。

【治療】

多くは必要ありません。尾はそのままの状態で維持されます。自咬や感染がみられた場合には、消毒や抗生剤の投与を行います。

【予防と注意】

シマリスを捕まえる時に尾をつかまないようにすること。ケージから出すときは、尾がはさまることがないような環境にすることです。

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      小動物新着

      小動物ランキング

      総合新着

      総合ランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ