この記事を読んだ人におすすめの記事×

お部屋の印象を変えるベッド周りの収納編

プライベートな空間だけど、ちょっと気になるベッド周辺の収納。
ワンルームでは、人目についてしまいます。生活感のあるベッド周辺を、 スッキリ、かつ可愛らしく変身させましょう♪

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.png?jp.co

目次

  • さおり

    「さあ、今回はベッドまわりを見てみましょうか。」

  • のりこ

    「ここは合格でしょう?」


  ベッド周り
  • のりこ「最近自分で片付けたばかりだから、すっきりしていると思うんだけれど・・・」
  • さおり「あら本当! すっきりと片付いているね。」
  • のりこ「でも、もうちょっと可愛らしいお部屋にしたいんだけどなあ・・・」

さおり「そういうことならまかせて!ちょっとした工夫と演出で、女の子らしい部屋に変身よ!」

このベッド周りの問題点はココ!

  • 1.ベッド横に置かれた背の高いカラーボックスが圧迫感を与えている。
  • 2.本の分量が多く、雑多な印象を与えている。
  • 3.パジャマがベッド上に置かれ、生活感がある。
このベッド周りの問題点はココ! このベッド周りの問題点はココ!

After

ベッド周り
ベッド周り

さあ、できたよ!
前より可愛らしい雰囲気になったわ。
ポイントを教えるね。

収納のポイント

■ポイント1カラーボックスは横置きにして、ベッドとの高低差を少なく

高さの違う家具が並ぶと、部屋の中がチグハグして落ち着かない印象になります。カラーボックスを横置きにすることで、ベッドとの高低差が少なくなり、すっきり見えますよ。

カラーボックスは横置きにして、ベッドとの高低差を少なく
■ポイント2カラーボックス × 収納アイテム でゾーン分け収納

カラーボックスの小部屋にちょうど良い、かごや引出しなどの収納アイテムを活用し、アイテムごとにゾーン分けして収納しました。 ベッドの上に出しっぱなしだったパジャマもかごに入れ、布で目隠し。

カラーボックス × 収納アイテム でゾーン分け収納
カラーボックスは横置きにして、ベッドとの高低差を少なく
■ポイント3よく読む雑誌はかごバッグにざっくり収納

カラーボックスを横置きしたことによって入らなくなった雑誌は、かごバッグに入れて収納。バッグごと別の場所に持っていくこともできる。 隣に同じ自然素材のドライフラワーを飾れば、かごバッグもインテリアの一部に。

よく読む雑誌はかごバッグにざっくり収納
  • さおり「ちょっとしたことで、お部屋の印象って変わるよね。」
  • のりこ「本当!見た目にも可愛くなったし、前より片付けやすくなったわ。」

登場人物

  • さおり

    のりこの大学時代の友人で、収納アドバイザーの仕事をしている。 片付けがうまくいかないのりこ宅を、収納によって「人を呼びたくなる部屋」へ変身させるべく立ち上がる。

  • のりこ

    春から一人暮らしを始めたばかりのOL。 我が家に友達を呼びたいが、部屋がうまく片付けられず困っている。 収納アドバイザーである友人さおりに助けを求める。

プロフィール

本多さおり
本多 さおり

自身の収納術を友人から評価してもらったことがきっかけで、収納について深く学んでみることに。
2010年 整理収納アドバイザー
2011年 整理収納コンサルタント 取得
暮らしと収納にまつわるブログ
「片付けたくなる部屋作り」更新中

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      整理収納で叶え...新着

      整理収納で叶え...ランキング

      総合新着

      総合ランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ