この記事を読んだ人におすすめの記事×

学習用具で散らかるリビング メタルラック快適収納ビフォーアフター

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.png?jp.co

目次

~学習用具で散らかるリビング~ before

<Y様のプロフィール>
住居形態:一軒家
家族構成:5人家族(お子さま3人)
困っている場所:リビング

今回は5人家族のY様のお宅に訪問!家族が多いと必然的にモノが多くなり、特にリビングはごちゃごちゃと散らかりやすいんですよね。Y様のお悩みを早速聞いてみましょう。

Y様のお悩み

子どもたちが毎日使う学習用具などで、リビングが雑然としています。子どもたちそれぞれで 自分のモノを管理できるようになってほしいです。また、小学校低学年の娘に学習机を購入するか迷っています。目の届きやすいリビングに配置したいですが置くスペースがありません。余計にリビングが散らかりやすくなるのではないかと思い悩んでいます。

お悩み解決スタート!

まずは問題点からみていきましょう!

ひろよの分析 問題点

・モノの収納場所が使う人ごとにはっきりしていない点。
・棚が小さいため、モノが溢れだしやすく乱雑に見えてしまう点。
・リビングに学習机を置くスペースがない点。

問題を踏まえて各自のモノの整理と、娘さんのデスクを一緒に叶えられるように考えていきます!

対策

「メタルラック」を使って収納力をUPする。
仕切りやBOXを組み合わせて、子どもごとに物の置き場を明確にする。
棚板やパーツを使って学習机を作る。

対策に基づいてどんなものを作るかシュミレーションします!

①図を描いて全体を把握する。

方向性・イメージが固まったら、スペースや収納するものの採寸をし具体的な設計図を描きます。必要なパーツなど も正確に書き込んでおくと、購入漏れを防ぐことができます。

ひろよのポイント

「メタルラック」と合わせて使うBOXを選ぶときは、「メタルラック」の外寸と内寸に差が生じることに気を付けて、適したサイズのものを選定しましょう。

組み立てスタート!

②あらかじめポールに印をつけておく。

ひろよのポイント

棚板の高さが決まっている場合は、組み立て始める前にポールの取り付ける位置に印をつけておく。ポールを揃えて印をつけておけば、スムーズに棚板を取り付けられますよ!

③土台から組み立てる。

ひろよのポイント

コの字バーで補強し、ラックを安定させます。

④机の土台ができたら棚も組み立てる。

ひろよのポイント

設計図ではランドセルを一番下に収納する計画でしたが、取り出しやすい中段に変更しました。実際にしまうものを置いて、確認しながら組み立てることが大切!

出来上がったのがこちら

メタルシステムデスクの完成

費用:約3万5千円 | 組立時間:約50分

実際に収納してみると・・・

学習机

娘さん念願の学習机が完成!

ウッディ棚板を使って机代わりに。 サイドバーに小物入れバスケットを取り付けて、文具などをしまえるようにしています。

収納ラック

BOXや仕切りでそれぞれのゾーンを明確に。 自分のモノは自分で管理できる収納ラックが完成!

①:兄弟妹それぞれの小物をカラーバスケット(ベージュ)に。
②:習い事やお出かけバックなどを掛けられるように、フックを取り付けて収納。
③:ディバイダー(間仕切り)で区切り、それぞれの本やノートなどを分けて収納。
④:兄弟3人の通学かばんを定位置化。
⑤:もこもこ収納ボックスで、娘さんと息子さんの学習用具を分けて収納。

ビフォーアフター

before

after

さいごに

「メタルラック」を使って、省スペースで多機能なシステムデスクを作りました!しまう場所を一目で分かるようにすることによって、あちこちにモノを置くことがなくなり、整理整頓する習慣も身に付きます。「メタルラック」は、目的に応じて自分好みにカスタマイズできるので、お子さまが成長され使用目的が変わっても使い続ける事ができます。次回も「メタルラック」でお悩みを解決していきます!

二出川ひろよさんのプロフィール

二出川ひろよ

整理収納アドバイザー1級・インテリアコーディネーター・クリンネスト2級 *おかたづけとインテリアN工房主宰。*モデルルームの様なお部屋に住みたい女子のインテリアとおかたづけというタイトルでブログを更新中。
大阪・和歌山など関西を中心におかたづけ関連のセミナーや、お宅に訪問し【おかたづけレッスン】など活動中。また、自宅の収納を見て頂くおうち講座】を毎月開催。お家をすっきりと整える+モデルルームの様なインテリアのご提案をさせて頂きます。

※「メタルラック」はアイリスオーヤマ株式会社の登録商標または商標です。

使用アイテム

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      新着コンテンツ

      アクセスランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ