この記事を読んだ人におすすめの記事×

壁を飾るインテリア術

映画「めがね」と「かもめ食堂」の北欧暮らしを思い描きながら、理想のスタイルを追求しているMIさん。家族みんなが暮らしやすい、使いやすい収納術をお届けします。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.jpg?jp.co

目次

棚に雑貨を飾ったり、花を生けたり、おしゃれなインテリアを楽しんでいるのに、どこか物足りない、そんなふうに感じたことはありませんか?

それは壁面に余白がありすぎるからかもしれません。
せっかく広いスペースがあるのに使わないのはもったいない!

そこで、手軽に楽しめておしゃれ度がアップする壁面インテリアのコツをご紹介します。
簡単にできるものばかりなので、ぜひ取り入れて頂けたら嬉しいです。

大きさ違いのポスターを飾って壁面を楽しむ

壁に何かを飾ろうと思った時、一番はじめに思いつくのがポスターではないでしょうか。
実際に、お気に入りのポスターを買ってはみたものの、どんな風に飾ったらおしゃれに見えるのか悩む方も多いと思います。
もちろん気に入って購入したものなので、好きな場所に飾るというのもOKです。

ポスターを壁におしゃれに飾るコツは
狭い壁面の場合は、1枚だけ飾っても様になるのですが、
広い壁面の場合は複数枚飾るのがお勧め!
違った雰囲気のポスターでもフレームの素材や色を揃えるだけで、 統一感が生まれて一気におしゃれに見えます。

季節問わず楽しめるドライリースを飾る

リースといえばクリスマスを連想させる方が多いですよね。
グリーンのリースなら1年通して楽しむことができます。赤やゴールドが入っているとクリスマス感が出てしまいますが、グリーンや白だけなら おしゃれなインテリアのアイテムとして長い期間楽しめます。

はじめはフレッシュなグリーンの色を楽しんで、そして少しずつドライになっていく様子を観察しながらインテリアをおしゃれに演出してくれます。
リースだけでなく花束のようなスワッグでもOK!お花のドライはナチュラル感が強く出るので好みが分かれますが、グリーンであればどんなインテリアとも相性が良いのですよ。

個性的なフレームでおしゃれに

ポスターのフレームはシンプルなものからインパクトがあるものまで様々。
写真はフレームをゴムで固定して飾るタイプのフレームです。ゴムの黒色が入ることで自然と空間が引き締まります。

また観葉植物を飾りたいけれど、育てる場所が適していない場合は、グリーンのイラストや写真などのポスターもお勧めです。

見せる収納で壁面を有効に活用する

写真は北欧の収納グッズの棚のひとつ、「ストリングポケット」です。
奥行きが狭いので、圧迫感なく壁面に収納スペースを作ることができます。

本を収納したり、雑貨を飾ったりして、そこにあるだけでおしゃれ感をアップさせてくれる最強アイテム!

最後に・・・

壁面をおしゃれに飾るアイテムやコツをご紹介しました。いかがでしたか。
狭い空間にディスプレイをするよりも、広い空間をおしゃれに演出するのは難しいものです。
しかしちょっとしたコツで部屋の印象をガラリと変えることができます。
まずはお部屋の1面から、壁面を使ったインテリアを始めてみませんか?

MIさん プロフィール

MIさん
映画『かもめ食堂』と『めがね』に憧れて、北欧風の暮らしやすさを目指している人気インテリアブロガー。家族みんなの暮らしやすさと、北欧のデザイン性にこだわった素敵なお部屋にお住まい。
著書
めがねとかもめと北欧暮らし。(宝島社)
「めがねと かもめと 北欧暮らし。」 心地よい片付けの法則 (KADOKAWA)
ウェブサイト
めがねとかもめと北欧暮らし。

おすすめ商品

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      新着コンテンツ

      アクセスランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ