この記事を読んだ人におすすめの記事×

冷え性対策~体を温める食材・ショウガ~

寒さがいっそう厳しくなってきましたね。寒い日には温かい食べ物が恋しくなりますが、温かいものをただ食べるのではなく、効率よく体を温める方法をご存知ですか?今回は、体を温める食べ物の代表的な「ショウガ」について詳しくご紹介します!

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.gif?jp.co

目次

冷え性対策~体を温める食材・ショウガ~

冷え性対策~体を温める食材・ショウガ~寒さがいっそう厳しくなってきましたね。寒い日には温かい食べ物が恋しくなりますが、温かいものをただ食べるのではなく、効率よく体を温める方法をご存知ですか?今回は、体を温める食べ物の代表的な「ショウガ」について詳しくご紹介します!

■なぜショウガは体を温めるの?

ショウガが日本に伝わったのは3世紀以前に熱帯アジアから渡来したと伝えられています。また、中国では古来から漢方として使われています。

ショウガには、「ジンゲロール」と「ショウガオール」と呼ばれる主な辛味成分があります。「ジンゲロール」を加熱すると「ショウガオール」成分が増えるので、生で食べるのと加熱して食べるのでは、効能が変わってきます。

<生で食べる>
ジンゲロール成分を多く含む生のショウガには、強い杭酸化作用や殺菌作用などがあります。生のお刺身を食べる時に薬味として使用すれば、生臭さや食中毒の予防も期待できます。 また、二日酔いやつわりの吐き気を抑える効果があり、胃潰瘍の発生を抑える効果も期待できます。
<火を通して食べる>
ショウガオール成分を多く含む火を通したショウガには、血管の拡張や老化防止などの作用があります。体を温める効果があるのは、火を通したショウガオールを多く含む料理を接種すると体中の血管が拡張し、血液の循環が良くなり、ぽかぽか体を温める効果があります。

■一日どのくらい摂取すればいいの?

ショウガの摂取目安は、一日10gぐらいが良いとされています。
炒め物に入れるときは、スライスしたショウガを6枚程度、おろしたものは、小さじい1杯程度が理想です。

■手軽に摂取!ショウガ紅茶

もっと手軽に摂取したい!という方にはこちらがおすすめです!

紅茶に皮ごと摩り下ろしたショウガを入れ、お好みでレモンやハチミツを加えます。

ショウガはトウガラシなどとは違う辛味成分なので、温まり方に即効性はありませんが、3~4時間をかけてじわじわ体を温めます。

風邪のひき始めや予防、寒い日のティータイムにオススメです!

効率よくショウガを取り入れて、風邪を引かないぽかぽかな体を手に入れましょう!

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      新着コンテンツ

      アクセスランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ