第73回 やさいの家 sara-saraさん

みなさんは朝活してますか?毎日おいしそ〜な「朝ごはん」を紹介している人気ブロガーさんの朝活をご紹介!

Original.png?jp.co

目次

    第73回 やさいの家 sara-saraさん

    第73回 やさいの家 sara-saraさん

    sara-saraさんの朝ごはんは、低速回転ジューサーで絞った、野菜と果物のジュース。自然な味わいのジュースを飲むと、身体がシャキッと目覚めるそうです!

    sara-saraさんのブログ≫

    自慢の朝ごはんメニュー(3点)

    りんご・レモン・セロリのジュース

    りんご・小松菜・かぼすのジュース

    トマトとレモンのジュース

    普段行っている朝の行動パターンを教えてください!

    普段行っている朝の行動パターン

    の中で朝をステキに過ごすための「朝活」のポイントは?

    ホットタオルで後頭部を暖めると、身体がはっきり起き出すので、主人は起床後、私は主人を送り出してから、ホットタオルで後頭部を暖めて、意識と身体をすっきりさせることが、毎朝の日課になっています。
    不思議なことに夕方に近づくほど、時間の流れが加速する感じがするので、静かな朝は、とても大切な時間だと意識しながら行動して、できるだけメリハリある時間の使い方を心がけています。それでも、あれもこれもと、頭の中がごちゃごちゃすることも多いので、頭の中のことをなんでも大学ノートに書き出す時間を作っています。
    また、一度にいろいろなことをやろうとすると、失敗するので、ひとつまたひとつ、集中して終わらせるようにしています。一区切りついたら、ほっとする時間を持つことで(お茶の時間・ミシンの時間)←(ミシンは足踏み式です)どこまでやっても終わらない家事に、メリハリをつけています。

    朝活のポイント

    朝ごはんを作るようになったきっかけは?

    我が家の場合は、朝ごはんは低速回転ジューサーで絞った、野菜と果物のジュースです。
    この食事をするきっかけは、やはり結婚当初の主人の体調です。当時90キロを超える体重(身長170センチ)と、目を背けたくなるような健康診断結果。昔からの友人だった主人ですが、昔のイメージはまったくない、ただのデブになっていた!いや、ただのデブならまだ良かった。身体ボロボロの、とんでもないデブになっていたのです。それを何とかすることが、もっとも火急の課題でした。
    私は結婚前からほぼ菜食でしたが、主人にとって必要な食事のあり方はなんだろうかと、必死で調べました。そして酵素栄養学にたどり着き、朝は生の野菜や果物を胃腸に負担の少ない形で摂るようにしていったのですが、これが主人の身体には合っていたようでした(人はそれぞれ違うので、一概には言えませんが)。
    最初から主人が賛同したわけではなく、少しずつ理解してもらって、野菜中心、酵素をたくさん摂る食事に徐々に切り替えていきました。その結果、2年半ほどで、約30キロの減量と、健康診断結果ほぼオール良好まで回復。現在に至っています。写真は主人の昔→現在の姿です。

    朝ごはんを作るきっかけ

    朝ごはんを食べるメリットについて教えてください!

    朝のジュースの良さは、胃腸に負担が少なく、身体が目覚めていく点だと思います。自然と排泄も促されるようで、私はお通じで困ることがほとんどないです。主人はごはんを食べると眠くなるけど、これだと大丈夫と言っています。
    そして、私は胃腸があまり丈夫ではないのですが、このジュースだと大丈夫なのです。飲むと身体全部にしみこんでいくような感じがして、すっきりした爽快感と、身体がシャキッと目覚める感じがいつもしています。どんな食が合っているかは、人によってさまざまだと思いますが、我が家の場合はそんな感じです。
    使っているジューサーは今となっては、最も初期型の縦型式低速回転ジューサーです。最初に作った会社はなくなってしまい、後を追うように、別の会社から新機種が続々登場しています。初期型なので、時々新機種がほしくなりますが、まだまだ現役でがんばっている頼もしいジューサーです!

    朝ごはんを食べるメリットについて教えてください!

    おすすめ朝ごはんレシピ

    メニュー

    「りんご・レモン・セロリのジュースレシピ」

    • 手順1

      @ セロリをカット、りんごは皮をむいて種と芯を取る。種は酵素抑制物質があるので必ず取り除く。

    • ▼
    • 手順2

      A レモンはスクイーザーで絞っておく。

    • ▼
    • 手順3

      Bジューサーでセロリとりんごを絞る。

    • 手順3

      C2のレモンと合わせてよく混ぜて出来上がり!

    編集部よりコメント

    ブログでは、丁寧な暮らしの様子をやさしい雰囲気の写真とともに綴られているsara-saraさん。「20年以上一人で暮らして、仕事をしてきた私が、昔からの友人だった今の主人と、結婚することになったのが8年前のこと。それまで、仕事の息抜きだった家事が大切な仕事になって、古い家の管理(築50年近い)、主人の体調管理、食事療法etcと向き合うことになりました」
    朝ごはんを野菜と果物のジュースもご主人の健康を考えて始められたものだそうです。ジュースとともに、ご主人の食生活を改善していった結果、なんとご主人は約30キロの減量に成功♪
    「主人が劇的に変化したことをきっかけに、菜食の小さなお料理教室(やさいの家)を開催するようになりましたから、人生は分かりません(笑)」
     美味しい食材やお料理が登場するブログ、これからも楽しみにしています♪

    clear

    カテゴリー