この記事を読んだ人におすすめの記事×

春野菜を使ったおもてなし朝食レシピ~エッグベネディクト~

今回は、ポーチドエッグの黄身がとろける話題の“エッグベネディクト”や春キャベツたっぷりの“ベーコンのスープ”、お米を使用したデザート“パンナコッタ”をご紹介します!

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.png?jp.co

目次

春野菜を使ったおもてなし朝食レシピ~エッグベネディクト~

春野菜を使ったおもてなし朝食レシピ~エッグベネディクト~①エッグベネディクト
②春キャベツとベーコンのスープ
③お米のパンナコッタ

今回は、ポーチドエッグの黄身がとろける話題の“エッグベネディクト”や春キャベツたっぷりの“ベーコンのスープ”、お米を使用したデザート“パンナコッタ”をご紹介します!

後片付けもラクラク

■エッグベネディクト

エッグベネディクトエッグベネディクト
材料 4人分
材料 4人分

材料 4人分

  • イングリッシュマフィン・・・4個
  • ほうれん草・・・2束
  • パンチェッタ・・・50g
  • にんにく・・・1片
  • オリーブオイル・・・大さじ1
  • 塩コショウ・・・少々
  • ◆オランデーズソース◆
    • 卵黄・・・2個
    • バター・・・40g
    • マヨネーズ・・・大さじ2
    • 塩・・・少々
  • ◆ポーチドエッグ◆
    • 卵・・・4個
    • 水・・・600ml
    • 酢・・・大さじ1
    • 塩・・・小さじ1/2
  • 付け合せのサラダ・・・適量

・作り方

  • 手順(1)

    作り方1

    イングリッシュマフィンはトースターで焼いておく。ほうれん草は1口大、パンチェッタは1cm幅、にんにくはみじん切りにしておく。(パンチェッタがなければベーコンでOK)

  • 手順(2)

    作り方2

    ポーチドエッグは、鍋に水、塩、酢を加え沸騰したら弱めの中火にして、お玉などで渦を作る。あらかじめボウルなどに割っておいた卵を渦の中心に落とし、2分茹でたら冷水にとる。(必ず1個ずつ行い、しっかり時間を図ること。)

  • 手順(3)

    作り方3

    フライパンにオリーブオイル、にんにく、パンチェッタを加え香りが出てきたらほうれん草を加え、炒めたら塩コショウで味を調える。

  • 手順(4)

    作り方4

    オランデーズソースは、ボウルに溶かしたバターと卵黄を混ぜ合わせ、マヨネーズと塩を加えさらに混ぜる。

  • 手順(5)

    作り方5

    お皿に付け合せのサラダ、イングリッシュマフィン、ほうれん草炒め、ポーチドエッグ、オランデーズソースの順で盛り付ける。

早坂先生の簡単ポイント!

今回は自宅で作れるエッグベネディクトです!イングリッシュマフィンに、ポーチドエッグ、カリカリに焼いたベーコンとチーズが定番ですが、今回は、ほうれん草を卵の下に挟んでみました。ほうれん草とベーコンがマッチして卵とも絡みますよ!
本来オランデーズソースは卵黄とたっぷりのバターを湯せんにかけながら混ぜ合わせて作るものですが、マヨネーズを使うことで簡単に作れますよ。

■春キャベツとベーコンのスープ

春キャベツとベーコンのスープ春キャベツとベーコンのスープ
材料 4人分
材料 4人分

材料 4人分

  • キャベツ・・・1/4個
  • ベーコン(塊)・・・100g
  • にんにく・・・1片
  • 玉ねぎ・・・小1
  • オリーブオイル・・・大さじ1
  • 水・・・1000ml
  • コンソメ・・・2個
  • 塩・こしょう・・・適量
  • パセリのみじん切り・・・適量

・作り方

  • 手順(1)

    作り方1

    キャベツは2㎝幅のざく切り、にんにく、玉ねぎはみじん切り、ベーコンは1㎝幅に短冊切りにする。

  • 手順(2)

    作り方2

    鍋にオリーブオイルをひき、ベーコンの両面を焼き色がつくまで焼き、一度取り出す。

  • 手順(3)

    作り方3

    (2)の鍋にニンニク、玉ねぎを加えて香りが出るまで炒め合わせ、玉ねぎが少しキツネ色になったら、ベーコンとキャベツを加える。

  • 手順(4)

    作り方4

    (3)にコンソメと水を加え、沸騰してから2~3分加熱する。

  • 手順(5)

    作り方5

    器に盛って、パセリのみじん切りを添える。

早坂先生の簡単ポイント!
ちょっと手間ですが、ベーコンを一度取り出すことで、ベーコンのうまみを引出ながらおいしくいただけます。セラミックカラーパンだと食卓にそのまま出し、テーブルで取り分けてもいいですね。

■お米のパンナコッタ

お米のパンナコッタお米のパンナコッタ
材料 4個分
材料 4個分

材料 4個分

  • 米・・・1/4カップ
  • 水・・・250ml
  • 差し湯・・・50ml
  • ゼラチン・・・2.5g
  • ◆パンナコッタ液◆
    • 生クリーム・・・1/4カップ
    • 牛乳・・・1/2カップ
    • 砂糖・・・30g
    • バニラオイルまたはバニラエッセンス・・・少々

・作り方

  • 手順(1)

    作り方1

    無加水鍋に研いだお米と水を入れて中火で3分間ほど沸騰させ2~3回混ぜる。米に粘り気が出できたら、さらに7分間ほど加熱する。

  • 手順(2)

    作り方2

    とろみが出てきたら差し湯をして4~5分加熱し、5分ほど蒸らす。

  • 手順(3)

    作り方3

    (2)の無加水鍋にパンナコッタ液と水(分量外)で溶かしたゼラチンを加え、弱火にかけて煮溶かす。(60℃程の温度)

  • 手順(4)

    作り方4

    (3)を器に分けて冷蔵庫で冷やす。

早坂先生の簡単ポイント!

お米をパンナコッタに仕上げました。お米のつぶつぶの食感も楽しめます。
今回はおかゆを炊きましたが、余ったごはんをおかゆにすればもっと簡単です。
お好みで、黒蜜やきな粉、季節のフルーツ、ジャム等をのせても美味しいですよ。
食欲がないとき等に最適です。

食卓が変わるワンポイントレッスン
朝食も華やかにコーディネート

今回は人気のエッグベネディクトをご紹介しました!
エッグベネディクトの発祥はニューヨーク。(諸説あります)
朝食メニューの定番として食べられています。
また、他にもレストランや地域により、多くの種類があります。

代表的なもので言えば、
シーフードベネディクト…ホタテ貝、小エビ、カニ、ロブスターなどをハムの代わりに入れる。
エッグブラックストーン…ハムをベーコンに替えてトマトの薄切りを入れる。
サーモンベネディクト…ハムの代わりにスモークサーモンを入れる。
などがあります。他にもたくさんあるのでぜひ探してみて下さいね!

そして、味の決め手は“オランデーズソース”です。
ご自宅でも簡単にできますので、ぜひお試しください!
盛り付けのポイントは、大きなお皿に付け合せの野菜をのせ、中央にエッグベネディクトを配置し、たっぷりソースをかければ、お店と同じエッグベネディクトの完成です!
春の心地よい朝日の中で、ちょっぴり豪華なブレックファストはいかがですか??

朝食も華やかにコーディネート

早坂先生が使ったアイテムはこちら

早坂 具美子先生のプロフィール

早坂 具美子先生

早坂 具美子(はやさか くみこ)

家族が喜んでくれるような食卓づくり~「楽しく簡単に」をコンセプトにキッチンスタジオ『具楽』を主宰。
日本フードコーディネーター協会(JFCA)認定。フードアナリスト資格取得。
雑誌・書籍への料理掲載、テレビ、ラジオへの出演多数。
その他、レストランプロデュース、商品・メニュー開発、各種料理教室・仙台市生涯学習の講師等、多方面で講師、講演なども行っている。
また宮城県農産加工アドバイザー、宮城県グリーンツーリズムアドバイザー等も務める。

 

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      早坂先生の簡単...新着

      早坂先生の簡単...ランキング

      総合新着

      総合ランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ