この記事を読んだ人におすすめの記事×

暑い夏を涼しく快適に過ごせる部屋づくり

いよいよ暑さも本格的になって、これから夏本番!
少しでも涼しく、快適に過ごしたいですよね。
ついついエアコンに頼ってしまいがちになりますが、エアコンの使い過ぎはお財布にも身体にも優しくありません。
そこで今回は、ちょっとした工夫で涼しく感じられる方法や、夏を快適に過ごせる部屋づくりについてご紹介します。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.png?jp.co

目次

見た目から涼しく!手軽にできる夏インテリア

ブルーのアイテムやガラスを取り入れる

ブルーのアイテムやガラスを取り入れる

エアコンをつける以外にも、人間は「視覚」「聴覚」「嗅覚」などでも涼しさを感じることができます。インテリアにブルー系の色を取り入れるだけでも涼しくなる効果がありますよ。

壁やカーテンなどの大きなものを季節ごとに入れ替えるのはなかなか難しいですが、雑貨やクッションカバー、スリッパ、寝具などをブルー系にするだけでも印象が変わります。
透け感のあるガラスのアイテムも、涼しく感じられる効果があるのでオススメです。

食器もブルーとガラスで涼やかに

食器もブルーとガラスで涼やかに

食事の時間も、ブルーとガラスの効果で涼やかに! 爽やかなブルー系の食器は、シンプルなおかずもしっかりと引き立ててくれて、食卓を手軽にパッと華やかにする効果も。
いつものサラダやデザートも、ガラスの器に盛りつけるだけでぐっと涼しげになります。
セットで使うのもステキですが、違うシリーズを組み合わせてもキレイですよ。

暑い夏にぴったりな、リネンの魅力

リネンは天然繊維の中で最も涼しい!

リネンは天然繊維の中で最も涼しい!

リネンは熱伝導性に優れていて、天然繊維の中で最も涼しいと言われている素材なので、夏に最適!
さらっとした肌触りで、使うほどに柔らかく馴染んでいくのも魅力です。

薄地ですが洗濯にも強く、乾きも早いという特長があり、湿度が高いシーズンにも気持ちよく過ごせます。
我が家でも、夏はリネンのクッションカバーに衣替え。
他にも、シャツやキッチンクロスなども、爽やかなリネン素材のものを愛用しています。

夏にもさらっと爽やか、リネンのブランケット

汚れたな、と思ったらすぐに掃除できる工夫を

リネンのブランケットは見た目も涼しげで、使い心地もさらりと軽やか。
薄くてかさばらないので、ソファに掛けておいて冷房よけに使ったり、お昼寝に使ったり。
リネンは吸水性と速乾性に優れているので、暑い夏の寝具にするのにも優秀です。

夏を快適に過ごせるリビングに

リビングのラグも夏仕様に

リビングのラグも夏仕様に

我が家では、夏になるとリビングのラグを撤去してフローリングで過ごしています。
フローリングのひんやり感も心地よく、何より掃除がラクというのも魅力!
い草ラグやプラスチックのラグなど、涼しい素材のラグを敷くというのもいいですね。

夏にしておきたい、窓まわりを簡単キレイにする方法

いつもキレイな網戸で、部屋に気持ちのいい空気を

いつもキレイな網戸で、部屋に気持ちのいい空気を

朝方や、少し涼しい日は窓を開けて過ごすことも多い時期。
そうなると、網戸の汚れが気になったりしますよね。
でも、洗剤を使ったり水を流したりして網戸を掃除するのが億劫・・・という方でも大丈夫!
カンタン掃除で網戸をキレイにして、お部屋に気持ちのいい空気を取り込みましょう。

網戸掃除は「スプレー+ウエス(布巾)」で楽々!

網戸掃除は「スプレー+ウエス(布巾)」で楽々!

網戸についたホコリを軽く払ってから、ウエス(布巾)にセスキ水スプレーをシュシュっとかけて網戸を拭くだけ!
外の砂ぼこりや排気ガス、キッチンからの油汚れなど、いろんな汚れが付着している網戸ですが、セスキ水だと水よりも汚れを浮かせやすく、さっぱりキレイに。

使い捨てのウエスなら、真っ黒になるまで掃除してポイと捨てたら完了!ズボラさんでも楽々です。

最後に

高温多湿でじっとりと汗ばむような気候が過酷な日本の夏ですが、プールに海水浴、夏祭りや花火など、楽しいイベントもたくさん!
季節のインテリアを楽しみながら、暑い夏を少しでも快適に過ごせる部屋づくりをして、
元気に乗り切っていきましょう!

まどなおさん プロフィール

まどなおさん

夫・私・娘2人の、4人暮らし。
小さい家でも、子供がいても、すっきり心地よく暮らせる収納とインテリアの工夫をブログで綴っています。

著書『アイデアノートで普通の部屋がなぜか可愛くなる』(KADOKAWA)
『いつでも「きれいな部屋」になる 方づけベタでもできるやさしい収納』(大和書房)を出版。

▼ウェブサイト
いつでも、HOME~ちいさな建売、おしゃれハウスを目指す~

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      新着コンテンツ

      アクセスランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ