この記事を読んだ人におすすめの記事×

子供が自分で身支度できる!通園・通学グッズ収納術

入園・入学・進級・新社会人など、新生活の始まる季節ですね。特に入園・入学時は、通園・通学グッズの収納や環境づくりが大きな悩みだったりしますよね。各家庭で住居の間取りや、収納スペースがあるかどうかなど様々ですが、今回は一例として、我が家の通園・通学グッズの収納術をご紹介します。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.png?jp.co

目次

それぞれの家に合った通園・通学グッズ収納を

通園・通学グッズの収納どうする?

子供が自分で身支度できる!通園・通学グッズ収納術

幼稚園や小学校に通うようになると、持ち物の準備や身支度を自分でする、ということを身につけていく時期です。 とはいえ、保護者の確認もまだまだ必要なので、通園・通学グッズは目の届きやすい場所に置きたいですよね。

そこで住居の間取りや家族の動線、収納スペースの有無など、 それぞれの家にあった方法で、保護者の目が届きやすく・子供がアクセスしやすい場所に収納するといいですよ!

クローゼットや押入れがある場合は、その一角を通園・通学グッズの収納スペースにするのも手。 そういったスペースがない場合は、チェストやシェルフを置いて、収納するのもおすすめです。 我が家では、リビングにシェルフを置いて通園グッズを収納しています。

編集部おすすめ商品!
編集部おすすめ商品
メッシュオープンラック
ラックのサイドを効率よく活用できるラック。また棚板を追加したり、好みの高さに合わせたりできるので長くご使用いただけます。
詳しくはこちら
※アイリスプラザに移動します

オープンシェルフ+ボックス方式で収納

子供が自分で身支度できる!通園・通学グッズ収納術

オープンタイプのシェルフにボックスやバスケットを組み合せると、通園・通学グッズが取り出しやすい収納の出来あがり。

我が家では、取っ手付きの軽い布製ボックスに、体操服や制服ブラウス・タオル・靴下などを入れて、子供が自分で身支度できるようにしています。

このシェルフは、子供が赤ちゃんの頃に、ベビーグッズ収納として使っていたもの。 こういった家具は、組み合わせるボックスを変えたり、棚板を追加できたり汎用性があるので、子供の成長に合わせながら長く使えます。

子供が自分で準備&片付けしやすい仕組みをつくる

通園・通学バッグは、ハードルを下げた投げ込み収納に

子供が自分で身支度できる!通園・通学グッズ収納術

子供が帰宅すると、いつも通園・通学バッグが転がっている・・・
そんな場合はもしかすると、バッグを片付ける手順が子供にとって面倒だからかも?

「フックに引っかけるのが面倒」
「ポールハンガーに他のモノがいっぱいで掛けにくい」
など、子供なりの思いが隠れているかもしれません。

バッグをカゴにポンと入れるだけの投げ込み収納は、片付けのハードルが低い収納方法なので、「バッグを掛けるのが面倒」という性格のお子さんにもオススメです。
我が家でも、通園バッグは下段のバスケットに入れるだけでOK!の投げ込み方式にしています。

フリースペースを作って、翌日の準備をしておくコーナーに

子供が自分で身支度できる!通園・通学グッズ収納術

シェルフ上段の一部は何も置かずに空けておいて、翌日のお支度スペースとして活用しましょう。

前日の夜に、体操服や靴下・ハンカチなどを、自分で用意してここに置いておきます。
朝起きたら、ここにあるものを身に着けるだけなので、身支度がスムーズで、忘れ物の防止にも!

「前もって準備をしておく」ということの習慣づけにも一役買ってくれています。

仕切り+立てる収納で、取り出しやすい状態をキープ!

出し入れするうちに中身がごちゃごちゃ!防止策は・・・?!

子供が自分で身支度できる!通園・通学グッズ収納術

子供が、衣類や小物が入った引き出しを出し入れしているうちに、いつのまにやら中身がごちゃごちゃに・・・。
そんなごちゃごちゃを防ぐには、仕切りで区切って収納しておくと効果的!

写真のようなハンカチ・ティッシュ・靴下など、特にごちゃつきやすい小さなアイテムは、アイテムごとに細かく区切って収納しています。

さらに立てる収納にすれば、中身がパッと見渡せて選びやすく、取りやすさもバッチリ!
探しやすいからごちゃごちゃになりにくく、「明日はどれにしようかな?」と、自分で選ぶ楽しみも生まれます。

ちょうどよいサイズの仕切りがなければ、自作してみる!

子供が自分で身支度できる!通園・通学グッズ収納術

ちょうどよいサイズの仕切りがない場合は、自作するのも手です!

家にある小さめのケースの中に、プラダン(=プラスチックダンボール)を縦方向に仕切りをつければ、ハンカチとポケットティッシュを分けて収納できます。

他にも、好きな長さにカットして仕切り板を作ったり、家に余っている空き箱や紙袋などを切って、ぴったりサイズのボックスを作ったりするのもいいですね!

狭くてもすっきり!壁面やちょっとした隙間を有効活用

狭くて家具が置けない場合は、壁面スペースを活用!

子供が自分で身支度できる!通園・通学グッズ収納術

制服や上着を掛けるハンガーラックなどを置くスペースがない!という場合は、壁掛けのフックを活用してみましょう。
3連や4連のフックを使えば、帽子やバッグなども一緒に掛けておくこともできますね。

壁掛けフックならスペースをとらずに設置でき、床置きのモノも減らすことができるので掃除もスムーズ。

ちょっとした隙間や死角を使って、すっきり見せる

子供が自分で身支度できる!通園・通学グッズ収納術

おたよりや予定表を、パッと見れるように貼っておきたい。でも、丸見えだとごちゃついて見える・・・。こんな悩みを抱えていませんか?

家事室やパントリーなどのプライベートスペースがある場合は、そこに貼っておけばすっきり隠せて問題ありませんが、隠せるスペースがない方も、ちょっとした隙間や死角を活用すれば悩みを解消できますよ!

我が家では、リビング側からは死角になる食器棚の側面に貼っています。

狭くても、ちょっとしたスペースを活用することで、すっきりしたお部屋を保つことができますよ!

最後に

通学・通園グッズの収納は、子供が自分で片付け&準備しやすい仕組みを一旦作ってしまえば、毎日のお支度がスムーズに!

また、「なかなか片づけられない」「準備に時間がかかる」という場合は、子供の動線や性格に合わせて、場所を変える・収納方法を変えるなどの見直しをしてみると、ぐんとスムーズにできるようになるかも?

それぞれのお家やお子さんにぴったりの収納方法で、ママもパパも子供もストレスなし!を目指したいですね!

まどなおさん プロフィール

まどなおさん

夫・私・娘2人の、4人暮らし。
小さい家でも、子供がいても、すっきり心地よく暮らせる収納とインテリアの工夫をブログで綴っています。

著書『アイデアノートで普通の部屋がなぜか可愛くなる』(KADOKAWA)
『いつでも「きれいな部屋」になる 方づけベタでもできるやさしい収納』(大和書房)を出版。

▼ウェブサイト
いつでも、HOME~ちいさな建売、おしゃれハウスを目指す~

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      新着コンテンツ

      アクセスランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ