この記事を読んだ人におすすめの記事×

子ども部屋の収納ポイント

子ども部屋の収納は、なかなか思うようにいかない…とあきらめてしまっていませんか?
あきらめる前に、もう一度収納のポイントを見直してみましょう!

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.png?jp.co

目次

Q.子ども部屋や子どものおもちゃ収納のお悩みは?

モノは多いし、片付けても子どもがまた散らかしてしまう、そんなお部屋を改善するためのポイント と、おすすめの収納方法をご紹介します!

① 収納する場所は、使う場所の近くに

片付けられない、すぐに散らかってしまう原因として、収納場所に問題がある可能性があります。 収納する場所は、「使う場所の近く」に設置することが大切です。収納する場所が近くにないと、 そのまま出しっぱなしになってしまうことが多く、散らかる原因になります。子どもでなくても、 片付けるのが億劫でそのままになってしまったり、別のことをしているうちに収納するのを忘れてしまったりすることがあります。
そんなときに収納場所が近くにあると、すぐに元に戻せるので、「収納することを習慣にする」 ためにも収納場所は使う場所の近くに設置しておきましょう。リビングなどに子どものおもちゃを置く場合、 遊んでも良い位置を決めて、その位置の近くに収納する場所を設置してあげましょう。来客などがある場合は、 移動が楽になるように、キャスター付きのケースや持ち運びができるバスケットに収納すると便利です。

おすすめアイテム

お子さん自身のお部屋がある場合も、同じようにスペースを区切って家具の配置を考えてみましょう。

② モノの量を把握できるように収納する

何がどこに、どのくらいあるのか、を把握することで、モノが増えることを防ぎます。 お子さんが小さいうちは、特にもらいものが多く、捨てるタイミングを逃してモノが多くなってしまう人が多いようです。
1つもらったら1つを処分する、 収納場所に入りきらなくなったら処分する、というように習慣づけていくことが大切です。 そして、モノの量を把握できるように、種類別や使う人別に分けて収納します。 使う用途や頻度、モノの大きさ、使う人によって分類すれば、それが本当に必要なのか判断がしやすくなります。
同じ種類のモノがたくさんあったり、実はしばらく使っていないものがあるはず。お子さんと向き合って、 収納場所にはいらないものは処分していきましょう。また、お子さんが今お気に入りのものは何なのか、 使用頻度がわかってくれば、より処分もしやすくなってきます。「お気に入りのものは、ここに飾って」 というふうに、今のお気に入りを見つけやすくディスプレイしてあげて、それ以外のものは収納ケースに しまっておくなど、お子さんも使いやすいように収納してみましょう。

③ 子どもが自分で片付けられる工夫をする

自分で片付けられるようにするには、少ないアクションで出し入れができるようにする ことが大切です。
たとえば、大き目のバスケットや収納ケースにざっくりと入れて収納する、という習慣を身に付けるだけでも、 片付けを習慣化するための第一歩になります。

茨城県 hayuさんのおうち「子ども目線を大切にした収納」

身長70cm程の息子の目線で見て、手に取れる高さにおもちゃなどを配置しています。 現在、モノの出し入れが好きな時期なので、ブリキの缶に細かいおもちゃを入れるなど仕掛けをしています。

おすすめアイテム

1.カラーボックス+バスケットで、同じ場所に戻しやすい収納に

おすすめポイント

・汎用性のあるカラーボックス
・持ち運びが楽なバスケット
・手軽な隠す収納

使用するアイテム

2.ソフトバスケットでざっくり収納

おすすめポイント

・出し入れ楽ちん
・積み重ね可能
・カラーを揃えて見せる収納に

使用するアイテム

3.子どもも出し入れしやすい金属レール付き収納

おすすめポイント

・金属レールで出し入れラクラク
・取っ手や絵柄が楽しい
・自分から収納したくなるデザイン

モニターさんの声

引き出しのプーさんたちの絵が一つ一つ違っているので「シャツはティガーに入れるんだよ」 「ピグレットにはなにを入れるのかな?」と娘と話しやすかったです。娘も大好きなプーさんたちがいるので「これは私のなの!」 と喜んで服を出しています。また、娘でも楽に開け閉めできるところがとてもいいです! さらに結構元気に引き出しを引っ張っても、引き出しが落ちてこない!ここはとてもいいです。

使用するアイテム

いかがでしたか?いつもはごちゃついてしまうお子さんのおもちゃや洋服などの持ち物も、 収納場所をしっかり決めてあげることで、ストレスを軽減することができます。 ぜひ一度自分のおうちの収納を見直してみてくださいね!

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      新着コンテンツ

      アクセスランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ