この記事を読んだ人におすすめの記事×

学校用具 子供が片付けやすい収納のコツ

映画「めがね」と「かもめ食堂」の北欧暮らしを思い描きながら、理想のスタイルを追求しているMIさん。家族みんなが暮らしやすい、使いやすい収納術をお届けします。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.jpg?jp.co

目次

小学生/中学生などの教科書収納をどうしていますか。子供部屋ですべて完璧に管理できれば理想的ですが、現実はなかなか難しいですよね。そこでカラーボックスやラックを使って、子供と一緒に片付けすい収納アイデアをお届けします。投げ込み収納や、一時置き収納でスッキリさせましょう。

収納場所は一箇所に決める

子供コーナーを作り、一箇所で管理する

収納を決める際、動線を考えながら・・・・とよく聞きますが、動線を考えながら収納することは 大人にとっても難しいものです。

1番好ましいのは、すべてのものを一箇所にまとめることをお勧めします。 出すのも仕舞うのも一箇所なら片づけるのも簡単。 わが家では、毎日の学校の支度を見守りたい年齢なので、リビングの一角にあるキャビネット を子供の学校用具の収納場所にしています。

家事をしながら見守ることが出来ること、隙間時間に支度のチェックをすることも簡単です。

教科書やノートはファイルボックスを使って個別に収納

ファイルボックスを使って本の雪崩を防ぐ&見た目スッキリ収納

教科書やノートは立てて収納するのが当たり前。いやそんなことはありません。
立てて収納すると、数冊出したときに雪崩が起きてしまい、気が付くとすぐにぐちゃぐちゃに。

ファイルボックスを使って横に寝かせて収納をすることで、数冊出しても崩れることなく収納できます。 そして、背表紙が見えるように収納することで、出したい教科書も迷うことなくさっと取り出すことが出来ます。

兄弟で使う場合、個別にファイルを用意して、個々で管理をすれば見た目もスッキリです。

子供が得意な放り込み収納を活用

放り込み収納で仕舞う・取り出すが簡単に

子供が得意な「とにかく放り込む」(笑)
仕舞う、取り出すを簡単にする、放り込み収納を取り入れてみました。 中身の見えない収納ボックスを用意します。

ポイントは、収納棚の棚板にちょうど収まるくらいの高めのボックスを用意すること。 高さのあるボックスの方が、たとえ中身が多少ぐちゃぐちゃだったとしても見えないので気になりません。

また、学校で使う給食袋や、体操着の袋などはお子様の大好きなキャラものを使っている ご家庭が多いのではないでしょうか? そんなキャラクターものでも、中身が見えないボックスであれば、インテリア性を損なう ことなく、スッキリした収納になります。

一時置き収納は大切な保険

一時置き収納したものは、翌日空っぽに

「今日は疲れたから何もしたくない」大人でもそんな時ありますよね?
お子様も同じなんです。そんな時、一時置きボックスが役に立ちます。

疲れている時、何もしたくない時、またはどこに仕舞ったらいいか分からないものなど、 とりあえず何でも入れてOKのボックス。 ただここで1つ、お約束。 必ず次の日にすべてを空っぽにすることです。 何でも入れても良いボックスが1つあることは大きな心の保険。 長く綺麗を保つ大切な要素です。

物の住所に表札を

物の定位置を決めることで、迷子にならない収納法

「はさみがない」 「のりがない」 収納場所を決めたはずなのに物がなくなる。 使った後にどこに戻したらいいのか分からず、定位置に戻ってこないことがあります。 物に住所を作る際、表札も付けてあげましょう!

表札を付けてあげることで、戻す場所が一目で分かり、そして物が定位置に戻っていない ことも分かるので、すぐにないことに気が付き、声掛けをすることも出来ます。

登校前の準備も同じ場所に置くことで朝もスムーズ

ハンカチやマスク、毎日使うものは同じ場所に

ハンカチやティッシュ、マスクなど、登校時に必要な準備品も同じ場所に収納 することで、忙しい朝の時間も支度がスムーズになります。 そして、登校グッズを一つの引き出しにまとめておくことで、お子様自身で支度も 出来るようになり、自立の第一歩となります。

最後に・・・

片付いた家作りにはお子様の協力も不可欠。
そして、進んで片付けが出来るようになるかどうかは、片付けやすい収納のシステムが 出来ているかで決まってきます。 今回ご紹介したように、専用のキャビネットを用意しなくても大丈夫。 空いている棚の一角や、クローゼットの一角、カラーボックスを使った収納も手軽にできますね!
お子様と一緒に片付けやすい収納作りを始めてみませんか?

MIさん プロフィール

MIさん
映画『かもめ食堂』と『めがね』に憧れて、北欧風の暮らしやすさを目指している人気インテリアブロガー。家族みんなの暮らしやすさと、北欧のデザイン性にこだわった素敵なお部屋にお住まい。
著書
めがねとかもめと北欧暮らし。(宝島社)
「めがねと かもめと 北欧暮らし。」 心地よい片付けの法則 (KADOKAWA)
ウェブサイト
めがねとかもめと北欧暮らし。

おすすめ商品

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      新着コンテンツ

      アクセスランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ