この記事を読んだ人におすすめの記事×

シンク下収納を使いやすくするコツ5選

キッチン(台所)にはフライパンや鍋、食器や調味料などさまざまなツールがあふれる場所です。シンク下から何やらカビ臭い…なんて場合は風水的にもダウン。引き出し収納や100均グッズ、シンク下収納アイテムを活用して使い勝手良く収納しましょう。コツは使用頻度。どこでどの調理器具を使うのかを考え、使いやすい場所に収納すればOK!数を最小限にとどめるのがポイントですよ。シンク下を使い勝手の良い収納にすると、毎日の料理も楽しくなるかもしれません。シンク下収納術をぜひマネしてみてくださいね!

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.png?jp.co

目次

キッチン(台所)には、鍋やフライパン、食器や調味料などさまざまなツールがあふれる場所です。シンク下から何やらカビ臭い…なんて場合は風水的にもダウン。引き出し収納や100均グッズなどを活用して使い勝手良く収納しましょう。

コツは使用頻度。どこで使うかを考え、使いやすい場所に収納すればOK!数を最小限にとどめるのがポイントですよ。

鍋はラックや棚の決まった場所に

まずシンク下には片手鍋や両手鍋など、最初に水を入れて使う「鍋」をまとめます。

特によく使う鍋は、出し入れしやすい手前に置きます。たまに使う鍋は奥に置きます。

パスタ鍋など、高さのある鍋は、高いモノを置くコーナーを決めてまとめます。
大皿などの食器を収納する場合も、使用頻度ごとに分けて収納することをおすすめします。

ワンポイントアイディア

シンク下には、高さのある鍋や調理器具を置けるエリアをつくることがポイント。
棚のないエリアを作り、棚に入りきらないパスタ鍋などを入れましょう。

【フライパンの収納方法】

■ボックスを活用
フライパンはファイルボックスに収納することで定位置が決まり、出し入れもスムーズになります。

■ディバイダーを活用
ディバイダーを使った収納方法
シンク下等でフライパンやフタを整理できるディバイダーです。倒れずに省スペースで収納できます。

毎日使う道具を決めておきましょう

料理に必要な道具は限られています。鍋やフライパン、食器など必要な数を見極めてあらかじめ厳選しましょう。

コの字ラックや、配水管を避けることができる棚を設置すると、道具の重なりが解消されて使いやすさUP。

スポンジ類はカゴにまとめて収納

シンク回りの掃除に使うスポンジやスチールたわしなどは、買い置きや粗品でたまりがち。 バラバラにあちこちに置かないで、プラスチックのかごやバスケットにまとめましょう。 キッチンの引き出し1段にまとめて収納するのもひとつ。

その際、ジッパー付きのビニール袋を使って、たわし、スポンジとアイテム別にしてまとめておくと、それぞれの在庫もひと目でわかり、買いすぎ、もらいすぎが防げます。 メラミンスポンジはカットしておくと使い勝手が良くなります。

100均などの袋でも活用できるので、ぜひ試してみて下さいね。

ゴミ袋関連は空箱を利用

シンク下の扉裏に、空き箱を貼り付けると、ゴミ袋関連のビニール袋を収納できるようになります。
作り方は簡単で ティッシュボックスを2つ用意してテープを貼り付けるだけ。大・小サイズ別にまとめておくと、サイズも選びやすくなります。

三角コーナーや排水口のゴミ袋も、空き箱をリメイクすれば手軽に収納アイテムに変身します。
シンク下も含めてキッチンはきれいにしておくと、風水にもよく金運がUPされると言われています。ぜひキレイにしておきましょう。

洗剤は縦長のカゴに

洗剤類は使用中のものとストックを分けて収納します。ボックスの手前には使用中のものを、奥にはストックを置きます。

使用中と買い置きをそれぞれ分けて収納すると、在庫がわかりやすくなります。

おすすめ商品

本多弘美先生のプロフィール

収納アドバイザー。神奈川県出身。
1993年に専業主婦から収納アドバイザーに転身。
身近な物を利用した、生活に根ざした収納アイデアが好評。
現在、テレビや雑誌、講演などで大活躍中。

著書
『インテリア以前の収納・掃除の常識』(講談社)
『そうじ以前の整理収納の常識』(講談社)
『家事・収納アドバイザー本多弘美のラクラク収納術』(辰巳出版)
『パパっときれいすっきり!時短家事術』(だいわ文庫) 他多数
HP
あら?オール玉手箱
あら?オール収納箱

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      本多先生の毎日の収納新着

      本多先生の毎日の収納ランキング

      総合新着

      総合ランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ