この記事を読んだ人におすすめの記事×

粘着フック

フックは様々なものを掛けるためのアイテムです。粘着タイプのフックは、簡単に取り付けることができますので、使う場所を広げれば、デッドスペースも活かすことができます。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.png?jp.co

目次

デッドスペースを活かす

フックは様々なものを掛けるためのアイテムです。 粘着タイプのフックは、簡単に取り付けることができますので、使う場所を広げれば、デッドスペースも活かすことができます。

押し入れやクローゼットなどの側面も、フックを取り付けて、紙袋を下げれば、冠婚葬祭用のコサージュやベルトなど、あまり使わないものをまとめておく場所が確保できます。

扉の裏を活かす

キャビネットやキッチンのシンク下の扉の裏なども、フックを利用して活用することができます。 フックは単体で使うだけでなく、他のアイテムと組み合わせることによって、使い方が広がります。

例えば、写真のようにゴムと組み合わせて、水切りネットを収納することもできます。 使いたい場所で、その場に立ったまま、すぐに取り出すことができて便利です。

さらに応用編の使い方

粘着フックを取り付ける場所は、何も壁だけではありません。 スイングタイプのフックをちょっと発想を変えて、天井に取り付けてみましょう。

キッチンのつり戸棚に付ければ、ほら!レシピホルダーに。 作業スペースを邪魔することなく料理をすることができます。

フックいろいろ

今回は粘着フックを取り上げましたが、マグネットタイプや吸盤タイプのフックもあります。 また、粘着フックも、貼ったり剥がせたり、繰り返し使えるタイプも登場しています。 傷やノリあとの付けたくない場所、取り付け場所の材質によって、フックの特徴を活かしながら利用することがポイントです。

耐荷重を要チェック

実際にフックにものを吊り下げる場合は、耐荷重をしっかり確認しましょう。 また、壁面の汚れをきれいにしてから取り付けてください。 粘着タイプのフックの場合は、取り付けたらすぐに利用するのではなく、一晩置いてから利用するようにしましょう。 こうすることによって、しっかりと接着されて「すぐに外れてしまう」ことがなくなります。

※写真提供「本多弘美の必ず成功!ミラクル収納術(辰巳出版)」より

本多弘美先生のプロフィール

収納アドバイザー。神奈川県出身。
1993年に専業主婦から収納アドバイザーに転身。
身近な物を利用した、生活に根ざした収納アイデアが好評。
現在、テレビや雑誌、講演などで大活躍中。

著書
『インテリア以前の収納・掃除の常識』(講談社)
『そうじ以前の整理収納の常識』(講談社)
『家事・収納アドバイザー本多弘美のラクラク収納術』(辰巳出版)
『パパっときれいすっきり!時短家事術』(だいわ文庫) 他多数
HP
あら?オール玉手箱
あら?オール収納箱

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      本多先生の毎日の収納新着

      本多先生の毎日の収納ランキング

      総合新着

      総合ランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ