この記事を読んだ人におすすめの記事×

片付けやすく、かつ、シンプルに

インテリアコーディネーターのすはらひろこ先生にインテリアに関するお悩みを解決していただきましょう!片付けやすく、かつ、シンプルに

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.jpg?jp.co

目次

リビング

片付けやすく、かつ、シンプルに
/東京都 ariseさん

  • 東京都 ariseさん
Qお悩み
お悩み

DATA

■住居形態 一戸建て
■困っている場所 リビング
■好きなインテリア ナチュラル
+シンプル

リビングの一角に子供スペースを設けていますが、片付けても片付けても散らかりますし、片付けてもどうもすっきりしません。箱に入れて、見えないようにするとすっきりするとは思いますが、今度は子どもが使いづらいのではないかと思い、どっちつかずとなっています。また、どんどん増えていくものの置き場が決まらず、捨てるように促しますが、全て抱え込んでしまいます。 片付けやすく、且つ、シンプルにするには、どうしたらよいでしょうか。

point1仕分けをしましょう

お子さんのご年齢は分かりませんが、持ち物がどんどん増えているご様子。それなのに、お子さんが捨てたがらないようですね。いろいろ持っているのに出し入れしにくいと、お子さんにとってもストレスになると思います。 そして何を持っているのか、お子さん自身が覚えていないかもしれません。これはきっと忘れていると思える持ち物をariseさんがピックアップして、段ボールに入れて様子を見るのもひとつの手です。さらに段ボールをいくつか用意して、今度はお子さんと一緒に片付けましょう。まずは持ち物を床に広げることからスタート。そして、「おもちゃ」「絵本」「身につけるモノ」といった具合に種類別に分けて、ひとめで要らないとわかるモノは処分箱へ。部屋の扉付近にあるテーブルの上から始めて、テレビボード横まで順番に進めていきます。

●種類ごとに分類

point2目標を決めましょう

ariseさんが気づいている通り、持ち物を減らして片付けやすくしたいのですが、なぜ急に片付けることになったのか?をお子さんに伝えたほうがいいですね。たとえば、クリスマスツリーを飾る場所をつくりましょうとか、お人形を並べておけるようにしましょうなど、楽しい目標を見つけられるのがベスト。それなら、これは捨ててもいいと思ってもらえると、片付けすくなります。 そして、リビングに置かなくてもいいモノは、別の場所に移すという作業も、同時に進めていきましょう。

●楽しいイベントや子どもが好きなものを目標にして片付けをしてみましょう!

point3家具の配置を変えましょう

ariseさんのリビングでは、窓の前に棚が置かれていますね。その窓を活かせるように、家具の配置を変えてみませんか?そして、今使っている家具を減らすことも考えてみてはいかがでしょう。 木製のラック2個を壁側に移動して、その横に青い本棚を一列に並べます。扉横にあるテーブルは、他の部屋で使えるようにできますか?そして、プーさんのテーブルは壁際から離して子供コーナー中央に置いて、お絵かきなどに使えるようにします。こうした配置に変更できれば、テレビの脇に背の高いクリスマスツリーが飾れると思います。木製のラックには、人形を飾るコーナーをつくってもいいでしょう。細かいおもちゃは、種類別にケースに入れて棚に収納。ケースの中身が見えても見えなくても、ラベルを貼っておくと分かりやすくなります。そしてこれから先もずっと、箱や引き出しケースはラベルで区別する。そんな習慣を身につけてもらいましょう。「片付けると気持ちいい!」と、お子さんに変化が生まれることを期待したいですね。

間取り

pick up item

■ pick up item ■


before after
すはら先生のプロフィール

すはらひろこ先生

すはらひろこ
(住空間デザイナー )

一級建築士、インテリアコーディネーター。
株式会社アビタ・クエスト代表取締役。

共働き経験をいかした収納術とおしゃれなインテリアで、雑誌のBefoe After企画でも活躍。 TV東京TVチャンピオン【お部屋リフォーム王】、TBS系「王様のブランチ」、NHK教育「住まい自分流」ほかテレビ・ラジオ出演や講演など多数。

総合情報サイト【オールアバウト】で収納ガイドを務め、連載記事は幅広い読者層に好評。

著書:
『5分間「整理・収納」BOOK』(三笠書房)
『朝、着る服に迷わないハッピー収納術』(大和書房)

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      新着コンテンツ

      アクセスランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ