この記事を読んだ人におすすめの記事×

あなたはどっち?ベッド派or布団派 徹底検証!

ベッドで眠るのか、布団で眠るのか。生活スタイルが年々変わっていくなか、ベッドと布団、どちらの方が快適な睡眠をとれるのでしょうか?

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.jpg?jp.co

目次

ベッドで眠るのか、布団で眠るのか。生活スタイルが年々変わっていくなか、ベッドと布団、どちらの方が快適な睡眠をとれるのでしょうか?
ベッドと布団のいいところ、お悩みなど比較をしながら、より良い眠りを得るためのヒントをご紹介!

あなたはベッド派?布団派?

収納インテリアドットコム会員のみなさんに聞きました!
布団で寝ているか、ベッドで寝ているか、どちらが多いでしょうか? なんと、実に約7割の方がベッド派という結果に!意外とみなさん、ベッド派が多かったのですね!
ベッド派、布団派、それぞれの意見を聞いてみましょう。

布団・ベッドの比較グラフ

ベッド派の意見

インテリアとしてのデザインもよく、部屋に合うので。
(北海道 30代女性)

ベッド下のスペースが空いていて、収納できるのでベッドを愛用しています。(福岡県 40代男性)

ソファにもなるベッドで便利です。(東京都 30代女性)

足腰が弱ってきて、布団から起き上がるのが難しくなったので布団から変更しました。(宮城県 50代女性)

布団派の意見

布団は定期的に干せて衛生的!また、たたんで押入れに収納できるので部屋を広く使えます。(兵庫県 40代女性)

部屋が狭いので、布団をたたんだ上から布をかけてソファーのように使っています。(福岡県 30代女性)

ベッドは組み立てが大変なので布団です。布団なら、持ち運びができて引越しの時も楽です。(東京都 40代女性)

ベッドと布団のそれぞれのポイント

ベッド派のポイント

ベッドイメージphoto

・ベットの高さを利用して
ベッドの場合、立ち上がるなど動作の負荷が少ないため、足腰が弱ってきた高齢の方には布団よりも負担が少ないでしょう。また、床からの高さがあるため、冬場の冷たい空気によって底冷えすることが減ります。

・自分に合ったベッドを選ぶには
ベッドのスプリング・マットレスは様々な種類があるので、腰への負担軽減や、快適な寝心地を重要視したい等、自分に合った機能で選ぶといいでしょう。ただし、他の家具に比べてベッドは大型なので、自分の部屋でどのぐらいのスペースを使うか、配置をどうするかなど、サイズを考える必要があります。
先を考えて大きめのベッドを選ぶ、スペースを考えて折り畳みのベッドを使うなど、自分の生活スタイルにあったベッドを選ぶことが大切です。

布団派のポイント

ベッドイメージphoto

・スペースを有効活用
布団の場合、親子川の字になって寝たり、和室の場合は畳のぬくもりを感じることができます。また、ベッドのようにうっかり床に落ちる心配もありません。さらに、スペースの有効活用できることも魅力的ですよね。

・重さを確認
最近の布団は軽くても暖かい新素材を使ったものも多いので、チェックしてみてください。 布団の上げ下ろしが多い方は重さを重視して選ぶといいでしょう。

・布団の硬さが気になるなら
ベッドに比べ硬いというイメージがある布団です。そのような場合は、マットレスを工夫するとより快適な寝心地を得ることができると思います。

快適な睡眠のために

布団、ベッドそれぞれの良い点、選ぶ際に重視すべきことが分かりましたね。
次のページでは自分の気に入っている点を活かしつつ、さらに快適な睡眠にするポイントをご紹介。ぜひ取り入れてみてくださいね!

ベッドをワンランク上の寝心地に

今お使いのベッドの寝心地をアップさせるには?まずは、マットレスを変えてみてはいかがでしょうか。自分の悩みに合ったマットレスを選ぶことで、ワンランク上の寝心地を手に入れましょう!

睡眠の質を上げる!お悩み別☆解決法

  • ぐっすり寝たはずなのに肩・腰が 負担をかけにくいタイプがおすすめ
  • 寝汗がかなり気になる!洗えるタイプがおすすめ
  • アレルゲンが気になる

腰や背中の負担が気になる方・新感覚の寝心地を手に入れたい方

<こだわりポイント>
・寝ている間の肩、背中への負担が気になる。
・体圧分散に優れていることが条件だ。
・寝汗が気になるので、カバー洗える素材がいい。
・いいものを長く使いたい。耐久性も必要。
・敷きっぱなしで湿気がこもるのはイヤ。
・通気性が良い物を選びたい。

そんなあなたにオススメするのはこちら!
エアリーマットレス

シングルセミダブルダブル

◆エアリーマットレスとは…
新素材「エアロキューブ(TM)」を採用したマットレスです。 「エアロキューブ(TM)」は、三次元スプリング構造により従来のマットレスに比べてクッション性、体圧分散性、通気性、耐久性に優れた、丸洗い可能な素材です。

  • エアロキューブ

    新素材エアロキューブ

  • 優れた体圧分散

    優れた体圧分散

  • 8万回の試験もクリア

    8万回の圧縮テストもクリア

▲お悩み一覧に戻る

寝汗が気になる!カバーは洗いたい派の方に

<こだわりポイント>
・カバーは洗えないと!
・「ムレ」が気になる。

そんなあなたにオススメするのはこちら!
洗える着脱敷き布団

  • やさしい肌触りのキルト加工

    やさしい肌触りのキルト加工

  • わた入りのカバーを外して洗える

    わた入りのカバーを外して洗える

  • 洗えるカバーでいつも清潔

    洗えるカバーでいつも清潔


さらに機能性の高いマットレスはこちら!
エアリーマットレス
洗えるカバーでいつでも清潔!

布団のお悩み解決!

底冷えしてしまう、湿気がこもりそう、硬いので寝心地が悪い、足腰に負担がかかりそう…、など大好きな布団でも悩みは色々とありますよね。そんな悩みを解決するには、+マットレスがオススメ!

布団の「上」にマットレス

布団の「上」にマットレス

直接触れる部分に敷いて寝心地アップ!弾力や通気性などをチェックして自分好みのお布団に♪

布団の「下」にマットレス

布団の「下」にマットレス

敷き布団の薄さが気になる方には、布団の下にマットレスを敷くことをオススメします。弾力性が増し、より快適な睡眠を得ることができます。自分好みのマットレスをみつけて、お悩みを解決してくださいね!

番外編・スペースを有効活用したい!

オススメするのはこちら!
【3WAY】ソファマットレス

シーンに合わせて形を変えられるマットレス!
マットレスを折りたたんでソファーとしてお使いいただけます。 また、少し横になりたいときにはカウチソファーとして、来客時はマットレスとしてお使いいただくなど、シーンによって使い方の選べるマットレスです。
体を支える厚さ約11cmのかためマットレスで、体圧分散をサポートします。

  • ソファ

    1.昼はソファ

  • カウチソファ

    2.くつろぎタイムはカウチソファ

  • マットレス

    3.夜はマットレス

さいごに・・・

いかがでしたか?日々の疲れを癒すためにも、布団派、ベット派、それぞれの良さを活かして、快適な睡眠環境をつくりましょう。

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      寝具新着

      寝具ランキング

      総合新着

      総合ランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ