サーキュレーターの使い方〜冷暖房に効果的な設置方法〜

風を起こすことで、空気を循環させるサーキュレーター。電気代の節約のために冷暖房と併用して使っている方も多いのではないでしょうか。今回は、実際に試した効果検証と2部屋同時に空気を循環する方法や置き場所、ロフトでの使用方法などの使い方をご紹介します。

Original.png?jp.co

目次

    【冷房編】サーキュレーターの部屋別置き方
    (2部屋・ロフト・換気する場合)

    冷たい空気は下におりる性質があります。冷房を上手に使うには、この下にたまった冷気を上手に循環させることが大切。

    エアコンを背にするようにサーキュレーターを設置すると、床にたまった冷気が循環し、部屋全体が涼しくなります。

    2部屋の空気を循環させる場合

    上手にサーキュレーターを使えば、エアコンのない部屋も冷気を循環させることで涼しくできます。その際、エアコンを背にしてサーキュレーターを置くのがポイント。

    床にたまってしまう空気をサーキュレーターで遠くに届け、2部屋を循環することで、どちらの部屋も快適度がアップします。

    ロフトの場合

    夏の熱気は上にたまる性質があるため、夏場は熱がこもりがち。お部屋にいると快適なのに、ロフトに上がると暑く感じたという経験はありませんか?しかも、エアコンをかけても、エアコンよりロフトのほうが高い位置にあって、ロフトに冷気が届きにくいため、なかなか涼しくならないという問題も。

    サーキュレーターの2台使いがおすすめです。1台目はロフトにたまった熱を逃がすために、サーキュレーターを斜め上にして、天井方向に風を送りましょう。もう1台は1階で使用。エアコンに背を向けて、冷気がたまる場所に設置して、ロフトのある方向に冷気を送るようにします。2台置きをすることでロフトにたまった空気が排出され、1階の冷たい空気がロフトに届くという循環が生まれます。

    換気する場合

    サーキュレーターは後ろから取り込んだ空気を前方に出すので、ベランダや室内の窓際に向けて置き、室内の熱のこもった空気を外に出しましょう。

    他にも、強弱を選べるタイプは扇風機として使えるので、風にあたって涼むこともできますし、静音モードを搭載しているサーキュレーターの場合、就寝時にも使えるのでオススメです。

    ▼サーキュレーターとエアコンを併用しよう!

    サーキュレーター アイ 18畳 ボール型左右首振り PCF-SC15
    サーキュレーター アイ 18畳 ボール型左右首振り PCF-SC15
    コンパクトなのにパワフル送風!!
    ジェット気流効果で到達距離最大25m!部屋中に風が届く。
    詳細を見る
    ルームエアコン2.2kW(Wifi+人感センサー搭載シリーズ) IRA-2201W
    ルームエアコン2.2kW(Wifi+人感センサー搭載シリーズ) IRA-2201W
    Wi-Fi機能があれば、いつでもどこでもスマホで簡単エアコン操作。
    スマートフォンがリモコンに早変わり!
    詳細を見る
    サーキュレーターを使った時と使わなかった時の部屋の温度の変化

    ※使用状況…外気温32°C、エアコン温度設定 冷風27°C

    5分後 10分後 15分後
    エアコンのみ 30.3 29.8 28.8
    サーキュレーターと併用 30 28.7 28.2
    グラフ

    エアコンのみを使用した時よりも、サーキューレーターとエアコンを併用した時のほうが部屋の温度が早く下がり、空気の循環が効率よく出来ていることが分ります。
    また、室内の気温と同様に気流があることによって直接風をあてることなく、実際の温度よりも涼しく感じました。 エアコンの設定温度を夏は2度上げ、冬は2度下げても同じ位の体感温度なのではないでしょうか。

    エアコンの効率を上げ、地球に優しい温度設定ができる。省エネ・エコな秘密がここにありました。

    【暖房編】サーキュレーターの部屋別置き方(2部屋・ロフト)

    暖房を使用する時にサーキュレーターを使うと風が発生して寒くなると思っている方も多いのではないでしょうか?サーキュレーターの風を直接人にあてるのではなく、滞留している暖かい空気にあてることで、部屋の空気が循環され暖房効率も上がります。

    また、暖房の温度設定を高く上げても足元は冷たいまま、という経験をされた方も多いと思いますが、暖かい空気は天井付近、上部にたまります。サーキュレーターの風を使って暖気を下におろし、効率よく空気を循環させましょう。

    部屋の隅からエアコンに向けて対角線上にサーキュレーターを設置すると、天井付近に溜まりがちな暖気を動かし、部屋の空気を効率よく循環させます。

    家具などがあって対角線上に設置できない場合は、サーキュレーターを真上に向け、床から天井に向かって垂直に風が吹くように設置するといいでしょう。

    上下の空気をかき回すので、暖気を部屋全体に循環させることができます。首振りだとさらに効果あり。

    暖房効率の上がるサーキュレーターの使い方

    アイリスオーヤマ 強力コンパクトサーキュレーター・上下左右首振り PCF-SC15T - YouTube

    サーキュレーター アイ 18畳 ボール型上下左右首振り PCF-SC15T
    サーキュレーター アイ 18畳 ボール型上下左右首振り PCF-SC15T
    コンパクトなのにパワフル送風!!
    ジェット気流効果で到達距離最大25m!部屋中に風が届く。
    詳細を見る

    2部屋の空気を循環させる場合

    2つの部屋が続いていて、片方にはエアコンがない…そんなお部屋の場合、暖房の設定温度を強くしても、暖気がエアコンのないほうにはうまく届かないということも。

    暖房の循環をよくする場合は、ただサーキュレーターを2部屋の間に置いてもなかなか空気は循環しません。暖気は上にたまるため、エアコンのある部屋の中央にサーキュレーターを置き、真上に向けて風が吹くように設置し、暖気を分散させましょう。
    真上に向けることで下にたまった冷気を吸い込んで送り出し、天井にたまった暖気と混ざり合い空気の流れが生まれます。
    ただし、部屋の構造上、エアコンのない部屋に空気の流れが行き届かない場合もあります。

    ロフトの場合

    スペースが有効活用できるロフトタイプの部屋の場合、縦の空間が広くなるため空気の循環も難しくなります。そんな時は、サーキュレーター2台使いがオススメです。

    暖気は上にたまるため、1台目はロフト内の手前にサーキュレーターを置き暖気を下に送ります。2台目は1階のエアコンの下に置き、真上に向け風の流れを作ります。

    直接風が当たるのが苦手な方は、壁に向かってサーキュレーターを向けて、空気の流れを作りましょう。

    冬場は足元が冷えるという方は、ぜひ、暖かい風の流れを読んで、サーキュレーターを設置してみませんか?ちょっとした工夫ですが、冬でも足元が暖かくなります。

    また、室内の温度差をなくすことでエアコンの設定温度を下げられるので、省エネ効果も期待できますよ。
    エアコンのみとサーキュレーターを併用した実験では、床温度が約2℃UPした調査結果もあります。

    浴室乾燥機とサーキュレーターの比較試験

    試験に用いた衣類の量・・・2kg相当
    ※広さ1.2畳、気温23℃、湿度65%で測定
    ※27円/kWhで算出

    【裏技をご紹介!】

    サーキュレーターは空気を循環するだけでなく、部屋干し対策にも効果的です。タイマー機能があるサーキュレーターなら3〜4時間にセットし、直接洗濯物に風を当て水分を飛ばすことで、いつもよりも早く洗濯物を乾かすことができます。

    冬の季節でも目的や用途に合わせて使うことができ、電気代も浴室乾燥機を使う時よりも約半分で使用することができます。

    ▼おすすめ商品

    サーキュレーター衣類乾燥除湿機 ホワイト IJD-I50
    サーキュレーター衣類乾燥除湿機 ホワイト IJD-I50
    Wパワーでスピード乾燥!部屋干しの効果が大幅にアップ。
    部屋干しのあの嫌なにおいも抑える!
    詳細を見る
    風ドライ室内物干し X型 KDM-8514X
    風ドライ室内物干し X型 KDM-8514X
    風の通りを考え、乾きやすさを追求した室内物干し。
    扇風機やサーキュレーターを併用することで、乾燥時間が最短で半分に短縮!
    詳細を見る

    用途は無限!?いろんなところで大活躍のサーキュレーター

    パワー別適応畳数・機種

    パワフルな風を起こすサーキュレーターですが、お部屋に応じた機種を選ばないと、うまく空気を循環させることができません。製品のサイトやパッケージに記載されている適応畳数(適応床面積)を目安にするといいでしょう。アイリスオーヤマでは2017年度現在〜8畳〜20畳まで対応できるサーキュレーターを販売しています。

    また、リモコン操作できるものや上下左右が首振りできるタイプ、衣類乾燥モードなどが付いているので、ご自身のライフスタイルに合わせて選んでみてください。

    コンパクトなのにパワフル送風『ボール型』

    多機能でデザイン性のある『I型』

    シンプル機能で強力拡広『H型』

    検証!モニターレポート

    画像
    まとめ
    部屋の空気は、冷気は下に、暖気は上にたまりやすいという鉄則のもとに、風の流れをみてサーキュレーターを設置すれば効果的だということをご紹介しました。
    冷暖房と併用した使い方にスポットをあてましたが、この他にも外からの空気を取り入れて循環させる方法や、梅雨どきなど室内で部屋干しした洗濯物の乾燥をスピードアップさせるといった使い方もできます。
    ぜひ、あなたに合ったサーキュレーターをみつけて、快適な暮らしづくりにお役立てください。

    おすすめ特集

    clear

    カテゴリー