この記事を読んだ人におすすめの記事×

サーキュレーターの使い方徹底検証

本当のサーキュレーターの使い方をご存知ですか。空気の流れを作って快適な空間を作りましょう!!

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.jpg?jp.co

目次

サーキュレーターの使い方徹底検証

本当のサーキュレーターの使い方をご存知ですか。 ただお部屋に置いて、電源をONしているだけでは、お部屋の空気は循環しません! 空気の流れを作って快適な空間を作りましょう!! これさえ見れば、快適空間づくりのプロになれる!? サーキュレーターの活用術をご紹介します。

STEP.1 扇風機とは何が違うの??

どちらもモーターで羽を回して風を作る点は同じですが、風の種類が違います。 扇風機は近い距離に広く風を送りますが、サーキュレーターは直進する風を遠くに送ります。また扇風機は単体で使いますが、サーキュレーターはエアコンと一緒に使うとより使用効果が得られるという違いもあります。 それぞれの特徴を知って風を使い分けることが節電につながります。

扇風機の風が幅広く拡散するのに対し、サーキュレーターの風は渦を巻きながら直進する スパイラル気流でダイナミックに循環してくれます。

STEP.2 空気の流れを理解しよう!

お部屋にこもった空気を入れ替えたり、エアコンと併用して空気の流れを良くするには、 空気の流れを読むことが重要です!それは、冷房を使用する時や暖房を使用するときでは、異なるのはご存知ですか??
「冷たい空気は下に溜まる」「暖かい空気は上に溜まる」性質を理解して上手にサーキュレーターを活用しましょう!!

とで異なるサーキュレーターの設置方法!
節電ポイント
暖房機器の設定温度を下げられるので、余分な電力を使わずに効率的!
節電ポイント
清涼感が上がる分、冷房機器の設定温度を上げることができ、扇風機の代用としても活躍できます。

STEP.3 サーキュレーターの選び方

首振り機能付、大型タイプ、コンパクトタイプ、などなど、種類が多くてどれを買ったらいいかわからない・・・。 そんなあなたにおすすめのサーキュレーターを部屋別・サイズ別に分けてご紹介します!
きっとあなたに合うサーキュレーターが見つかるはずっっ!!

【部屋別①】広いお部屋を効率よく冷暖房したい方におすすめ

おすすめ!リビングやオフィスなどに!
扇風機よりも圧倒的なパワフル送風。静音モード搭載で35dB以下の静かなサーキュレーターです。
中型首振り機能付!

エアコンとの併用に最適!強力スパイラル気流でピンポイントに風が届きます!洗濯物の乾燥にも◎。

【部屋別②】寝苦しい夜も快適な寝室にしたい方におすすめ

おすすめ!静音モード搭載!

風量はそのままに、大きさが約20%* 小さくなりました! (*アイリスオーヤマ従来品と比較)静音モード搭載&リモコン・タイマー付で就寝時でも安心!
エアコンとの併用に最適!
スタイリッシュでパワフル!オフィスやリビングの空気循環・換気に最適です♪洗濯物の乾燥にも◎

【サイズ別】

  
小型(~8畳)
PCF-HD15 静音モード搭載
首振り機能付
PCF-HD15
 
小型(~8畳)
PCF-M15 静音モード搭載
首振り機能付
PCF-M15
 
小型(~8畳)
PCF-C15 静音モード搭載
首振り機能付
リモコン・タイマー付
PCF-C15
  
小型(~8畳)
PCF-C15T 静音モード搭載
首振り機能付
リモコン・タイマー付
強制かくはん機能付
PCF-C15T
 
中型(~14畳)
PCF-HD18 静音モード搭載
首振り機能付
PCF-HD18
  
中型(~14畳)
PCF-M18 静音モード搭載
首振り機能付
PCF-M18
  
中型(~14畳)
PCF-C18 静音モード搭載
首振り機能付
リモコン・タイマー付
PCF-C18
中型(~14畳)
PCF-C18 静音モード搭載
首振り機能付
リモコン・タイマー付
PCF-C18T
大型(~20畳)
PCF-HM23 静音モード搭載
首振り機能付
PCF-HM23

最後に・・・

夏だけではなく冬でも活用できるサーキュレーターは 節電効果も期待大!今までサーキュレーターを使用していた方も、これから使い始める方も、ぜひこちらを参考にして、サーキュレーターの上手な活用方法をマスターしてくださいね!!

 

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      空調・季節家電新着

      空調・季節家電ランキング

      総合新着

      総合ランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ