この記事を読んだ人におすすめの記事×

狭い玄関もすっきり快適に収納&インテリア

家の顔と言われる玄関。お客様をお迎えするだけでなく、自分と家族の1日がスタートする場所でもあります。

そんな玄関ですが、いつもきれいにしていたいと思っていても、他の部屋に比べると狭い・暗い・収納が少ないなど、悩みも非常に多いところでもあります。
その上、家族分の靴や傘、お出かけグッズはついつい増えてしまいがち。外から帰った靴などで汚れてしまうことも多く、なかなかきれいを保つことが大変な場所でもあります。

今回は、ものが溢れがち&汚れがちでなかなかすっきりしない玄関を、気持ちよく快適に保つ方法をまとめてみます。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.png?jp.co

目次

視線を意識してみよう

玄関を片付ける時、お部屋側から見て片付けていませんか?

ドアを開けてまっすぐ見える場所が、お客様に与える第一印象になります。
ドアを開けて見える景色がすっきりするように心がけてみましょう。

玄関の先の階段や廊下にものがたくさん置かれていたり、脱いだ服が置かれているようであれば片付けます。お客様にとっての「玄関を入った時の印象」は玄関だけでなく、その先の景色までも第一印象としてインプットされます。

ドアを開けた時に真っ直ぐ見える場所が最優先。その後に左右を整えます。

今使っているものと使っていないものを区別

収納が狭い、片付ける場所がない。
そんな場合は収納の中を見直して、今使わないものをその場から外します。

見た目が気に入って買ったけれど履き心地が悪くて履いていない靴、
子供達のサイズアウトした靴、
壊れていつか捨てようと思っている傘、
何年も使っていないレインコート、
1年に1度しか使わない草履や下駄、などなど・・・収納を占領していないでしょうか?

・処分に値するもの・・・処分
・捨てるには勿体ないもの・・・リサイクル、譲る、とりあえず別保管で後で見直す
・思い出のもの・・・数を絞る、画像として保存する
・次に使う予定があるけれど頻回でないもの・・・玄関近くまたは決まった場所にまとめて収納する

片付かないと思ったら、上記を実践してお部屋に隙間を作りましょう。これが先決です。

家族が戻しやすい優しさをプラス

いつも片付けているのに、気がつくと脱いだ靴であふれている。そんなことはありませんか?

靴を1つ出す時は、そのまま1つ空いた場所に片付ける習慣をつけるといいかもしれません。
家族全員でその習慣を共有するには、片付ける動作が簡単でないとなかなか継続してもらえません。
できるだけ簡単な動作で片付く収納作りを。

扉のない棚にするのもひとつの方法です。
扉があるとあまり収納が意識されませんが、棚が見えていることで片付け動作が
簡単になる上に、ここに戻す、を常に意識できます。

お子さんは身長に合わせて低い位置に戻る場所を設定し、収納場所にお子さんの名前や動物シール、くつのシールなどで楽しく片付けられる工夫をするのもおすすめのアイデアです。

広く見える色使い

狭く限られたスペースでも色を変えるだけで、圧迫感を払拭し広く見せることが出来ます。
例えば、たたきの部分は明るめのクッションフロアに変更するだけでもパッと明るく広く見せることができます。
サイズにカットしたクッションフロアを置くだけでOK。光がなかなか入らない暗い玄関にも有効です。

また収納ラック、収納ボックスなど少しスペースを取ってしまうものも暗い色を避けて、できるだけ壁に近い色を選び同化させると圧迫感がありません。

玄関を広く見せるには明度の高い色を選び、色の数も絞ってすっきりとおしゃれに見せましょう。

ついつい置いてしまう高さに注意

靴箱の上、収納棚の上、これらは歩きながらパッとものを置くのにちょうどいい高さになっています。
便利な反面、意識しないといつでも何でもついつい置いてしまいがち。
ポストから受け取った郵便物、鍵、外で遊んだ子どものおもちゃなど、気が付くといつもいっぱいになってしまう方も多いのでは?

これは、物の「とりあえず置き」が原因。
とりあえず置いた後、リビングにいる間は気にならないので置いたことも忘れてしまいます。
朝出かける時に、改めて置いた事を思い出しても片付ける時間がない・・・。
いつしか諦めてそのまま物が増え続けます。

とりあえず置きをやめて、リビングまでは持って入る習慣をつけましょう。

また、おしゃれな観葉植物や季節のインテリアグッズを飾り、他のものをついつい置いてしまうことを予防するのも有用です。
高価なものでなくても、100均グッズなどを使って気軽に季節の演出をしてみましょう。

溜めこまないちょこちょこ掃除

玄関に限らずですが、物を溜めれば溜めるほど大変になり億劫になる掃除。
できればちょこちょこ掃除できるのが理想です。

気がついた時にすぐに掃除ができるように、掃除グッズも玄関近くに収納してみましょう。

掃除を簡単にするためにも、たくさん並んだ靴や所狭しと置かれた「とりあえず置き」のものはない方が断然便利。
日々の家事時間が楽になるような収納作りをしましょう。

最後に

すっきり快適できれいな玄関を作るためには、自分だけが頑張ってもなかなか保つことができません。
家族全員が使う場所なので、きちんと相談しながらその家に合った収納の位置・片づけシステムで、家族と一緒に家の顔の玄関を整えてみてください。

瀧本真奈美さん

瀧本真奈美さん プロフィール

プチプラグッズでおしゃれな暮らし方などのアイデアを発信する人気ブロガー。整理収納コンサルタントやルームコーディネーター、時短家事コーディネーターbasic、お部屋づくりのプロとしてTV、雑誌などで活躍中。2018年より暮らし方提案やサービスを提供する「クラシング」代表に就任、活動をスタート。

おすすめ商品

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      整理収納コンサ...新着

      整理収納コンサ...ランキング

      総合新着

      総合ランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ