この記事を読んだ人におすすめの記事×

【33】デジタル用品の収納

パソコンに携帯電話、デジタルカメラなど家の中にはデジタル用品が当たり前のように溢れる時代になりました。昔からの定番品ではなく新しく家の中の定番品になってきたものだから、定位置が決まらず収納が煩雑になりがち!この先も家の中にあり続けるであろうデジタル用品だから、これをきっかけに定位置を決めてみませんか!

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.png?jp.co

目次

家の中にはデジタル用品が当たり前のように溢れる時代になりましたが、定位置が決まらず収納が煩雑になりがちです。

この先も家の中にあり続けるであろうデジタル用品の定位置の決め方をお伝えします!

カメラやビデオは家族みんながわかる位置に!

家族で指定席を決めよう

デジタルカメラやビデオカメラは家族みんなが使う場所を把握できるようわかりやすい場所にまとめて収納しておくのがベスト。

リビング収納やリビングチェスト、テレビボード下などわかりやすい場所を決め、ボックスにまとめておきましょう。
ラベルをつけておくとさらにわかりやすい収納になります。

リビングには携帯電話の指定席を!

バラバラと置かずにまとめるのがポイント!

1人につき1台の携帯電話を持つ時代。

家族の人数分だけ増えていく携帯電話は、そこかしこに置いてしまうと部屋が乱雑に見えてしまいます。紛失してしまったり、落としたり踏んだりして損傷の原因にも。

それらを防ぐためにも、みんなが集まるリビングでは携帯電話を置いておく場所が決まっているだけで安心です。
取り出しやすく戻しやすい高さに場所を決めると家族全員が自然と置いてくれるようになりますよ。

携帯置き場があれば誰の携帯が無いかも一目瞭然なので、忘れ物を防ぐ役割も担ってくれます。

パソコンもしっかり管理しよう!

場所が決まっているだけで安心

デスクトップパソコンなら、購入前にどこに置こうか検討するかと思います。

ノートパソコンだともっと気軽に持ち運びが出来る分、指定席が決まっていない場合も。

ワークスペースがあればいいのですが、無い場合は一番長く使う場所の近くにぜひとも指定席を作ってあげてください!

周辺機器は本体と一緒にまとめて収納が正解!

なくならないし、探し物もない!

デジタル用品は本体だけでなく充電器やケーブルが必ず必要となります。

特に使用頻度の低いビデオカメラなどは、いざ使おうと思った時に充電器が見つからずあちこちを捜索・・・なんてことになってしまいがち!

これらも本体と同じ場所に収納しておくと、気付いたときにすぐ充電できるので便利です。

ケーブルは乱れないようケーブルホルダーやマジックタイなどまとめておくといいでしょう。
ケーブルをまとめるグッズは100円ショップやホームセンターなどで気軽に手に入れることができます。

パスワードの管理も重要です!

忘れると大変!

デジタル用品本体の収納も大事なのですが、中身に関しても大事なことが。
それがパスワードの管理です。

家族で使うものはみんなが分かるよう決めた場所に記しておくことをオススメいたします!

たくさんのパスワードがあるがために、どれがどのパスワードか分からなくなると本当に厄介だからです。

またご自身の携帯電話やアプリのパスワードなども、差し支え無ければぜひ記しておいてください。
自分に何かあった場合、家族に迷惑がかからないよう家族内にだけは分かりやすく残しておきたいものですよね。

最後に・・・

デジタル用品は衝撃に弱く取り扱いに気を使いますよね。

フェルト素材などの柔らかい素材のボックス使えば緩衝材代わりになりますし、下に柔らかいシートやタオルを敷けば衝撃を吸収してくれるので安心です。

家族みんながわかりやすい場所に、ラベルを貼るなどしてさらにわかりやすく収納しましょう。

連絡を取り合ったり、家族の記録を残したり、とても便利なデジタル用品。
負担のかからない収納方法で上手に付き合っていきたいですね!

大木聖美さん プロフィール

大木聖美さん
取り出しやすく美しい収納を目指す、整理収納アドバイザー。
整理収納アドバイザー2級認定講師、ハウスキーピングコーディネーター、アロマテラピー検定1級。
横浜を中心に個人宅での収納コンサルティングを行いながら、整理収納関連のセミナー講師や執筆業を行っている。夫と子供2人の4人家族。
ウェブサイト
我が道ライフ

アイリス収納・インテリアドットコムのおすすめ商品

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      収納の基礎から...新着

      収納の基礎から...ランキング

      総合新着

      総合ランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ