この記事を読んだ人におすすめの記事×

【22】リビング収納 リビングってこんなところ!

家の中心「リビング」は、とにかく心地良く過ごせることが一番!それでもみんなが集まる場所だから、自然とものが集まりやすく、置いておきたいものも多くなる場所です。心地良くスッキリしたリビングを保つには、やはり「収納」が大事。リビング収納を考える前に、まずはリビングとはどんなところなのかを考えてみましょう!

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.png?jp.co

目次

リビングをどう使っていますか?

いま収納しているものを考えることが大事!

家族みんなが使うリビングは家族のものと個人のものが混在するので、収納を考える上では難しい場所。

それぞれのご家庭によって使い方はさまざまで、置いてあるものも異なります。
まずは自分の家では、リビングをどう使っているかを考えてみましょう。

―例―
・くつろぐ、テレビを見る、新聞や本を読む
・仕事をする
・趣味を楽しむ
・子供の勉強スペースとしても使う
・来客時に通す

リビングをどのように使っているかを考えると、1日の大半をリビングで過ごしていると改めて気付く方が多いのではないでしょうか。

そのため、リビングはモノが集まりやすく散らかりやすい場所なんだと覚えておきましょう!

理想のリビングって?考えてみよう!

理想から置いておくべきものが見えてきます

リビングをどのように使っているのかを考えるのと一緒に、リビングに今あるモノは本当にそこに置いておく必要があるのかを客観的に考えてみることが大事です。

どのようにリビングを使いたいのか理想の使い方を考えてみると、置いておきたいものや必要な家具・収納用品も決まってきます!

―例―
・照明を落としてゆっくりと本を読むスペースを作りたい
・植物を育てたい
・ゆっくり映画を見たい、ゲームを楽しみたい
・勉強机を置いて本も置きたいから本棚も欲しい
・趣味にすぐ取りかかれるよう手の届く場所に収納しておきたい
・見た目スッキリ!置くものは最低限にしたい

心地よいインテリアを考えるチャンス!

好きな雰囲気に包まれよう!

家族みんながホッとくつろぐ場所だから、収納家具や収納グッズは好みのテイストのものを選びたいですよね!

好きなテイストや飾りたいもの、好きな色柄を考え違和感のない家具やグッズを取り入れてみましょう。

迷う場合は、どんなインテリアにも馴染むシンプルな色と形のものを選べば悪目立ちせず空間に馴染んでくれることと思います。

編集部おすすめ商品!

リビング学習がしやすい環境を作ってあげるのも大事!

リビングが煩雑にならない工夫を!

お子様のいるご家庭ではリビング学習が定着しつつありますよね。
宿題を見てあげたり教えてあげたりできて、どのような勉強をしているのかを見守ることもできます。

リビング学習が終わったら、勉強道具を子供部屋に戻すという方法でも良いですが、一番簡単なのはリビングに学習用の収納場所を確保してあげること!

引き出し一つや棚一段を道具入れに当てても良いですし、カゴなどにざっくり入れて、ソファの下に収納する方法でも良いでしょう。「すぐ取りかかれる!」という環境を作ってあげることが大事かなと思っています。

最後に・・・

色々な用途に使えてしまうリビングだけに、どのように使いたいか目的をはっきりさせると収納したいものや収納方法もはっきりしてきます!
まずは自宅のリビングを客観的に見て考えてみてくださいね。

リビングに収納するものは家族みんなで使うものと個人で使うものの2パターンに分かれます。次回はそんな2パターンのわかりやすい収納方法についてお伝えいたします!

大木聖美さん プロフィール

大木聖美さん
取り出しやすく美しい収納を目指す、整理収納アドバイザー。
整理収納アドバイザー2級認定講師、ハウスキーピングコーディネーター、アロマテラピー検定1級。
横浜を中心に個人宅での収納コンサルティングを行いながら、整理収納関連のセミナー講師や執筆業を行っている。夫と子供2人の4人家族。
ウェブサイト
我が道ライフ

おすすめ商品

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      収納の基礎から...新着

      収納の基礎から...ランキング

      総合新着

      総合ランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ