この記事を読んだ人におすすめの記事×

【1】まずはここから!整理収納キホンのキ!

ハードルが高そうに見える整理収納ですが、やり方さえわかればとっても簡単なんですよ!そこで、まずは知っておいてもらいたい整理収納のやり方、キホンのキをお伝えします!

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.png?jp.co

目次

家の中をすっきりさせたい、片付けたい!と思ってはいるものの、どこからどう手をつけたらいいのかわからないと困っていませんか?

ハードルが高そうに見える整理収納ですが、やり方さえわかればとっても簡単なんですよ!
そこで、まずは知っておいてもらいたい整理収納のやり方、キホンのキをお伝えします!

あたたかな陽気は家の中を片付ける絶好のチャンス!さぁ、家の中を見直して使いやすい収納を作ってみましょう!

どんな収納が理想ですか?

やみくもに始める前に、まずはよく考えてみよう!

家の中をスッキリさせたい。モノが増えたからどうにかしたい。
そんな漠然とした気持ちで、やみくもに片付けを始めていませんか?

なんとなく手をつけても使いやすい収納は出来上がりません。
まずはそのスペースをどのように使いたいのか、どんな収納にしたいのか具体的な「目的」をしっかり持つことが大事なんです!

例えば「キッチン全体をスッキリさせたい」・・・
どうでしょう?どこから手をつければ良いかわからない、ぼやけた印象だと思いませんか?

もっと具体的に考えてみると・・・
キッチンカウンターにモノを出さずに、調理道具は全てしまいたい。
ここの引き出しにはカトラリーを入れて、子供がお手伝いできるようにしたい。
コップは各自で出し入れできるようにわかりやすいように置きたい・・・。
などなど具体的にどう使いたいか「目的」をはっきりさせることで理想通りの収納が手に入ります!

まずはよく使う小さめのところから、どう使いたいか「目的」を立てて始めてみましょう!

片付けは簡単3ステップで整える!

片付ける方法はとても簡単!

目的を決めたら、実際に片付け作業に入ります。
でもどうやって?
実は片付け作業って、とっても簡単なんですよ!!

step1 「使っている」「使っていない」で分ける
step2 どこで使う?よく使う場所はどこか考える
step3 出し入れしやすく収納する

以上!
とても簡単、3ステップで完了です。
それでは次項目から詳しくみていきましょう。

step1 まずは今あるモノを見直そう!

使っていないモノを出し、使っているモノだけにしよう!

すっきりさせたい、取り出しやすく収納したい!と思ったら、まずは「使うものだけ」にすることがポイントです。

いろいろなモノが混在していると、その中から目的のモノを探し出すのはとても大変。
使うモノだけにしておけば、見つけやすく取り出しやすくなる!というわけ。

まずはよく使う小さめのスペースから見直しを始めてみましょう!

そのスペースのモノを一度全部出し、ひとつひとつ使っているか使っていないかを分けていきましょう。
「1年以内に使ったか」「2年以内に使ったか」など自分なりの分ける基準を設けておくと、判断しやすくなるのでオススメです!

step2 どこで使う?どこにしまったら一番便利?

使う場所の近くに収納する!これが使いやすい収納の鉄則です!

使うモノだけになったら、次はどこに収納するのが使いやすいのか、場所を決めてあげる作業をします。

今まで収納していた場所で、本当に使いやすいか今一度考えてみてください。
場所を移した方が使いやすいかも!と思ったら、この機会に思い切って移してみましょう!
格段に使いやすくなるかもしれないし、やっぱり使いにくい!と思ったら元に戻せばOK!

自分の家なのだから、収納場所をお好きに動かして試してみてくださいね。

収納する高さもポイント!

収納する高さによっても使いやすさが変わってきます。
一番使いやすいのは中段、次に下段、最後に上段となっています。

使用頻度の高いモノは、手を伸ばして届きやすい『中段』に収納してあげるとモノの出し入れがラクちん!ご自身の身長によっても使いやすい場所は変わってくるので、届きやすく手間のかからない位置に収納しましょう。

使用頻度の低いモノは、上段に収納するのがオススメ。ただ重いモノや大きなモノは万が一、上からモノが落ちてきたら大変危険なので、足元近くの下段に収納することをオススメします。使用頻度にとらわれすぎず、安全面に配慮した収納を心がけるのも忘れずに!
使用頻度が低く重めのモノは下段に、軽めのモノは上段に収納しましょう。

step3 出し入れしやすい収納グッズを取り入れて完成!

立てる!仕切る!統一感を出す!

収納場所が決まれば、あとは使いやすいように収めて完成です!
取り出しやすく見つけやすい収納にするには、どのような方法がいいのか考えてみましょう!

お皿などは重ねると下のモノが見えなくなるので、その場合は立てて収納すると見つけやすく取り出しやすい収納になります。(上写真)

いろいろな種類のモノを一つの引き出しに収納する場合は、種類ごとに仕切ってあげると見つけやすく取り出しやすくなりますね。(下写真)

取っ手が付いているボックスを使ったり、収納の中身をわかりやすくするためにラベルを貼ったりと、工夫をすると使いやすさは格段にアップします!

最後に・・・

片づけは、やみくもに始めてしまうとゴールかわからなくなってしまいますが、3ステップに沿って進めるだけで使いやすい収納が完成します!

モノは勝手に動いてくれません。
私たちが動かさない限りずっとそこにいるんです。どう使いたいのか「目的」を決めたら、まずは動いてみましょう!

小さめのスペースから始めれば、短時間で済みます。そして収納が整うと暮らしがとっても快適になります!それが実感できると他の場所も片付けてみようかなという原動力にもなるんです。

まずは手軽な場所から、スッキリ体験してみてくださいね!
次回もお楽しみに!

大木聖美さん プロフィール

大木聖美さん
取り出しやすく美しい収納を目指す、整理収納アドバイザー。
整理収納アドバイザー2級認定講師、ハウスキーピングコーディネーター、アロマテラピー検定1級。
横浜を中心に個人宅での収納コンサルティングを行いながら、整理収納関連のセミナー講師や執筆業を行っている。夫と子供2人の4人家族。
ウェブサイト
我が道ライフ

おすすめ商品

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      収納の基礎から...新着

      収納の基礎から...ランキング

      総合新着

      総合ランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ