この記事を読んだ人におすすめの記事×

洗濯・脱衣所・洗面スペース 清潔感漂う水周り空間のつくり方 素敵なお部屋の収納術

洗面台・洗濯機・脱衣所周りは、プライベートな空間でありながら、家族以外の視線も気になる場所。
見せる部分と隠す部分のバランスをうまくとりながら、めりはりのある清潔感漂う空間のつくり方をご紹介します。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.jpg?jp.co

目次

1. 収納の量とルールを決めて、スッキリ洗面台に

洗面台上

洗面台周りには、ヘアワックス、化粧品、スプレー、ヘアゴムなど、ついつい出しっぱなしにしてしまいたくなるものがたくさんあります。
洗面台の上に出して置くものは「家族全員が毎日使うもの」に限定し、個人で使うものは、決められたスペースに仕舞うようなルールを決めましょう。
そうすることで、洗面台上の置きっぱなしを防ぎ、掃除しやすい環境も保てます。

一人一BOX

家族の共有スペースである洗面台周り、人によって持ち物の量に差が出てしまいませんか? 一人の持ち物が収納スペースを独占してしまうのを防ぐためにも 「一人一BOX」収納がおすすめです。 各人の収納スペースをあらかじめ決めることで、持ち物の量を制限しながら、個々で管理する習慣を自然と身に付けるのにも最適です。

2. 「ついで掃除」で負担の少ない掃除習慣を

アクリルタワシでついで掃除

洗面台では、思い立ったらすぐに掃除にとりかかれるよう、「ついで掃除」ができるような環境にしておくとよいでしょう。
例えばアクリルタワシを常に洗面台に置いておけば、歯磨きのついでに軽く掃除し、洗面台をキレイに保つことができます。
「掃除という家事を独立させず、何かの行動のついでにすることで、掃除へのハードルを下げ キレイな状態をキープさせるための労力も最小限で済みます。

3. 寒色系でまとめて、すっきりと清潔感のある空間に

寒色系でまとめる

日用品が多い脱衣所・洗濯機周りは、色が氾濫しやすく、ごちゃついた印象になりがちな場所の一つです。 そんな散らかりやすい場所には、白やグレー、シルバーといった、寒色系の色を用いて、すっきりとした空間にしていくのがよいでしょう。

タオル収納

タオルはサイズと色を揃えて並べてポンと置くだけで様になります。毎日使うものなので、取り出すのも仕舞うのも簡単、数も一目ですぐわかり見た目もきれい、一石三鳥です。

洗剤ボトル

そのままでは生活感を隠せない洗剤ボトルですが、白くてシンプルな容器に詰め替えて ラベルを貼るだけで、インテリアを兼ねた実用品に早変わり。
ラベルは、シールシートなどを用いて、パソコンで簡単に自作できます。

4. 一時掛けやフックで、壁面を活用した一時置きスペースを

壁面スペース

狭い空間である脱衣所・洗濯機周りで収納スペースを確保するのは難しいですが、 壁面を利用することで新たな収納スペースを作ることができます。

① フックを取り付けてバスタオルの一時置き場にする。

② 簡易物干しを取り付けて、洗濯物の一時干しスペースに。狭い空間でもスムーズな動線を実現できるでしょう。

5. 水周りのストックは一点集中で無駄のないストックを

ストック

洗剤、柔軟剤、漂白剤、ハンドソープ、シャンプー、コンディショナーといったストック類は、できるだけ一箇所に集中させ、詰め替えや補充作業に迅速に取り掛かられるようにしておくとよいでしょう。
「ストックスペース」として一箇所に集中させておけば、探す手間を省け、ストックも一目でわかり、無駄の無いストック管理ができます。

番外編 少しの手間を先取りすることで、未来の家事をラクに!

手間の先取り

ちょっとした家事でも、時間の無いときには煩わしい家事になってしまいます。 そんな煩わしさを回避するために、使うときがラクになる「手間の先取り」収納を心がけるとよいでしょう。

① 歯ブラシはあらかじめパッケージを剥がしてケースにひとまとめにする。

② コンタクトレンズはケースから取り出して左右に分けて収納。

③ 石鹸は使いたいときにすぐに使えるよう、箱から出して瓶に保管するようにすると使うときがぐんとラクになります。

最後に

洗面台・洗濯機・脱衣所周りは、家族共通の場所であり、日用品が多い場所ですが、 ストック量、個人のもの置き場を的確に決めることでモノが増えるのを抑えることができます。
また、寒色系のアイテムを取り入れることによって、清潔感ある空間を保つこともできます。
狭い空間で整理しやすく、片付け後のリバウンドが少ない洗面台・洗濯機・脱衣所周り、片付けの効果を体感しやすい場所でもあるので、ここから片付けにチャレンジしてみてませんか?

mkさん プロフィール

mkさん
数年前から片付けと整理整頓に目覚めた3児の母。今では片付けの魅力にすっかりハマり、片付けをすることによって得られる暮らしやすさ、家事の進めやすさ、イライラしない育児を実感し、その片付け効果を全国の悩める主婦(主夫)と共有できるよう、日々発信しています。
著書
片づけ日和 -快適な暮らしを実現させる仕組みづくり- (正しく暮らすシリーズ)
ウェブサイト
IEbiyori

おすすめ商品

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      新着コンテンツ

      アクセスランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ