この記事を読んだ人におすすめの記事×

「クラシノ-ト」のmiiさんが「ウッドウォールラック」を使ってみました!

増えていく子供の学校グッズの収納にお困りのmiiさん。場所を取らず、お子さんでも扱いやすい収納スタイルは見つかったのでしょうか?

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.png?jp.co

目次

増えていく子供の学校グッズの収納にお困りのmiiさん。場所を取らず、お子さんでも扱いやすい収納スタイルは見つかったのでしょうか?

miiさんのお部屋

sunaさんのお部屋

お気に入りのものに囲まれながら、快適な暮らしを考える、miiさんのお部屋です。

miiさん(女性/30代/主婦)

建物の種類:
マンション
間取り:
4LDK
築年数:
10年
居住人数:
4人
素敵なお部屋紹介:
HP:

miiさんのお悩み

miiさんのお悩みmiiさんのお悩み

体操服に上履きに習字道具・・・子供の 学年が上がるにつれて増えていく学校の持ち物。フックを使って掛ける収納にしているものの、たくさんぶらさがっていて子供も取りにくいみたい。

今回使用した商品

ウッドウォールラック 棚付き WLR-T66 ホワイト

ウッドウォールラック 棚付き WLR-T66 ホワイト

詳しくはこちら

選んだ理由

このウォールラックを使えば、どんどん増える学校用品がたくさん掛けられそうと思ったので。

組み立て開始

届いた全てのパーツはコチラ。

届いた全てのパーツはコチラ。色々なパーツがあるものの、どこをどうすれば組み立てられるかはすぐにイメージが沸きます。

左の支柱にはL、右の支柱にはR

説明書を見ながら組み立てスタート。
まずは2本の支柱を繋げます。左の支柱にはL、右の支柱にはRと書いてあるのが分かりやすい。

連結前の状態でネジを一度入れておく

支柱に取り付けるネジは固めなので、連結前の状態でネジを一度入れておくと後で締めやすいようです。

支柱を連結してネジを締めます。

支柱を連結してネジを締めます。電動ドライバーがあれば、もっと楽かもしれません。

続いては補強板の取り付け。

続いては補強板の取り付け。最初はネジをゆるめに締めて、全部取り付けられたらきつく締めるようにするとしっかりと固定できます。

下部のアジャスターを調整する時は二人でやったほうが楽です。

最後に上下のアジャスターを取り付けて壁に突っ張ります。下部のアジャスターを調整する時は二人でやったほうが楽です。1人は「支柱を上に向かって持ち上げる係」、1人は「アジャスターを伸ばす係」という風に。しっかり取り付けられるし、作業もカンタンになります。

実際に使ってみると・・・

フックが4つと棚板が2枚フックが4つと棚板が2枚

フックが4つと棚板が2枚付いていて、好きな位置に取り付けられます。色んなサイズの物が見やすく掛けられてすごく良いです。たくさんあった学用品が省スペースですっきりと収まりました。

before

before

after

after

持っていく物が全て目に見える形になったことで、忘れ物防止にもなっています。
学校に持って行って学用品があまりない時も、このラックは邪魔にならないので、そこも気に入っています。

ここも注目!

ここも注目!ここも注目!

フックも棚も工具不要で引っかけるだけなので、思いついた時にすぐ移動できる手軽さもポイントが高いです。
ちょっと重さがある習字道具は棚の上に置きました。棚がある事で、これまで悩んでいたネックウォーマーや手袋の置き場所も出来ました(カゴの中です)。

編集者コメント

収納力がアップして、壁周りがとてもスッキリしましたね。置いてあるものが一目でわかるのは確かにお子さん用にぴったりだと思いました。突っ張り棒で固定するので、お部屋の模様替えにも対応できますし、ディスプレイ棚としても活躍しそうです。これからもお子さんと一緒に、楽しく自由に使ってみてくださいね。

ウッドウォールラック 棚付き

ウッドウォールラック 棚付き

ディスプレイや収納ができる棚付きウッドウォールラックです。
リビングや寝室、玄関など場所を選ばず設置可能。
突っ張り式なので、壁を傷つけず簡単に取り付けできます。
棚板とフックを活用し、魅せる収納として大活躍します。

詳しくはこちら

※「ウッドウォールラック」はアイリスオーヤマ株式会社の登録商標または商標です。

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      素敵なお部屋の...新着

      素敵なお部屋の...ランキング

      総合新着

      総合ランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ