この記事を読んだ人におすすめの記事×

梅雨シーズンのカビ対策

いよいよ梅雨シーズンの到来。梅雨の季節に心配なのが、湿気が原因で発生するカビです!
今回はそんな、いや~なカビ対策についてご紹介します。
カビが発生しやすい場所は、今から万全にしておきましょう。特に押し入れ&クローゼットは要注意ですよ!

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.png?jp.co

目次

カビが発生しやすい条件

カビが生える条件は、「湿度」と「温度」そして「栄養源」です。
気温がおよそ20度~25度以上、湿度がおよそ70%~80%以上になるとカビの生えやすい状況となります。

押し入れ・クローゼットのカビ対策

湿気は下の方に溜まりやすいので、湿気に弱い衣類は高いところにしまいましょう。押入れもクローゼットも、サーキュレータや扇風機を使って、風通しを良くすることが大切です。次のポイント項目を実践して、カビ対策をしましょう。

・湿気に弱い衣類は高いところに収納する
・押し入れやクローゼットを時々開けて、サーキュレーターや扇風機を使って湿気を飛ばす
・押入れやクローゼット内に、スノコを敷いて空気の通り道をつくる
・除湿剤をいれる
・丸めた新聞紙を収納ケースの隙間にいれる
・扉を開けて除湿機をかける

おすすめ商品

梅雨時期のお洗濯のワンポイント

室内干しが多くなる梅雨シーズンは、お洗濯の悩みも尽きません。下記のポイントも押さえておきましょう。

・早く乾かす
除湿機があるなら多いに活用しましょう。
またサーキュレーターや扇風機で風を送るだけでも、大きな違いがあります。

・しっかり洗う
洗濯機の許容量以上の洗濯物を入れないこと。
許容量を超えると、きちんと汚れが落ちなくなってしまいます。洗濯物の嫌な臭いの原因は、そんな落としきれなかった汚れが原因に。

マットレスのカビ対策

マットレスは空気中や壁などの湿気を吸い取ってしまいます。
また寝汗が原因で、マットレスにしみ込んだ汗がこもって、気がついたらカビが生えるということにも…。カビが生える前に、次のポイントを押さえておきましょう。

・ふとん乾燥機で、湿気を飛ばす
・マットレスの下にスノコを敷く
・マットレスの下に、吸湿繊維のある除湿マットを敷く
・ふとんクリーナーを使って、チリやホコリなどを除去する
・洗えるタイプのマットレスを使う(※エアリーマットレスがおすすめ)

おすすめ商品

畳のカビ対策

畳はホコリや汚れがたまると、カビが生えやすくなる素材です。
だからこそ、マメなお掃除が必須!天気が良く湿度が低い日は、窓を開けて換気するように心掛けましょう。

もしも畳がカビてしまったら…

【 お手入れSTEP4 】
1 消毒用エタノールスプレーをかける
2 乾燥後、掃除機でカビを吸いとる
3 畳の表面の色が変わるまでエタノールスプレーをかける
4 サーキュレーターやドライヤーでしっかり乾燥させる


いかがでしたか?湿気のあるところに集まるカビ。
空気の流れをよくするなど万全なカビ対策をして、快適な梅雨シーズンを送りましょう!

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      空調・季節家電新着

      空調・季節家電ランキング

      総合新着

      総合ランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ