この記事を読んだ人におすすめの記事×

【クローゼット】―探し物なし!リバウンドなし!の快適なクローゼット術― 北欧×和インテリアの収納術

今回は一定のルールを設け、使いやすくリバウンドしないクローゼットにする工夫を、いくつかご紹介します。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.png?jp.co

目次

【クローゼット】 ━ 探し物なし!リバウンドなし!の快適なクローゼット術 ━

「溜めに溜め込んだ服で、クローゼットがいっぱい」
「何がどこに入っているのか分からない」
そんな状態から抜け出すための工夫は、案外シンプルな方法だったりします。
今回は一定のルールを設け、使いやすくリバウンドしないクローゼットにする工夫を、いくつかご紹介します。

見渡せる収納で「タンスの肥やし」を減らそう

吊るす収納でひと目でわかる仕組みづくり

「何がどこに入っているか分からない」クローゼットにしないためには、ハンガーを使った吊るす収納がおすすめです。

「吊るす」ことによって何がどこにあるのかひと目で把握できるので、探す手間が省けます。
また引き出しよりも吊るした方がワンアクションで手に取ることができて、シワになる心配もありません。

かさ張るボトムスもハンガーで管理

引き出し収納で、スペースを意外に取るのがボトムス。
こちらもハンガーにかけてしまえばスッキリ納まります。

見渡せる収納にすることで「タンスの肥やし」が減るのではないでしょうか。

1分でも惜しい!朝の身支度をスピーディーに終えるには

歩き回らずに身支度を終える仕組み

ただでさえ慌ただしい朝。朝の身支度はできるだけ短時間で済ませたいですよね。
左右に収納スペースがあるウォークインクローゼットでは、「右・左」で分けるより「手前=夫・奥=妻」といったようにスペースを使い分けるようにすると、歩き回らずに身支度を終えることが出来ます。

ワンアクションでストレス知らず

ネクタイもベルトも吊るして管理。
ワンアクションでストレスなく「取り出す」「戻す」が出来れば、置きっぱなしも防げます。

片付けが苦手な家族には、続けられる仕組みを作ることが大切です。

ルールを設けて、衣類の見直しをスムーズに

使用頻度別に自然と並び変わる収納・その1

ハンガーにかけた洋服は「着たら左に戻す」などの一定のルールで、簡単に使用頻度別収納が完成します。
そうすることによって、おのずと「着ない洋服」は反対サイドに集まってきますね。

着ない洋服がひと目で分かるので、重点的に断捨離するエリアは一目瞭然。 面倒な見直しも、時間をかけずに行うことが出来ます。

使用頻度別に自然と並び変わる収納・その2

積み重ねたストールや洋服も、先ほどと同じように一定ルールを設けて管理。「使ったモノは各ブース上に置く」ことで、自然と使用頻度が少ないストールは一番下に配置されます。

「一定量」で、モノが溢れない収納に

“ここ”に納まるだけしか持たない!

収納のお悩みで良く耳にするのが紙袋の量。
ため込んでしまっても、使う量はほんのわずか。
紙袋は収納スペースを決めて「“ここ”に入る量しか持たない」ようにすることが大事です。

ほかにもこの隙間に入るだけ、このバッグに入るだけ等、ルールを決めましょう。
そのとき底側が手前(上)に来るように配置します。
そうすることによって、紙袋の大きさ、マチの広さがひと目で分かるので、ちょうど良い大きさの紙袋を簡単にピックアップできます。

ハンガーや収納グッズは増やさない

「ワイシャツはハンガーの数だけ」や「スポーツウェアはこの引き出しに入るだけ」というように 一定量の収納グッズ・収納スペースを決め、その範囲内で洋服を持つよう心掛けることが大切です。

ボックス管理でスッキリ見せる

ボックスでスッキリ見せる・その1

軽くてかさばるアイテムは、ボックスに入れて収納棚の上へ配置。
タグやラベリングで、モノの在り処をしっかりと把握できるようにしましょう。

中身が透けないボックスは、たとえ乱雑に放り込んだとしても、見た目はスッキリ!
初心者にはもってこいの収納方法です。

ボックスでスッキリ見せる・その2

バッグはジャンルごとにグルーピングし、ボックスで管理すると探しやすい収納になります。
薄手のトートや、小さめなバッグは、ファイルボックスで管理することもできますよ。
積み重ねて収納するよりも、はるかに探しやすいうえ、見た目のスッキリも保てる方法です。

ボックスでスッキリ見せる・その3

一時置きの小物やルームウェアはボックスを用意してあげると、それだけで整った印象になります。
個人ごとにボックスを分けると、仕分けも楽チンです。

最後に・・・

洋服は消耗品ですので、入れ替わりもそれなりにあるもの。
要・不要を短時間で見極められる自分に合った仕組みを作っておけば、洋服の見直しもストレスなく行えます。
また「すぐに取り出せる収納」は、「元に戻しやすい」収納でもあります。

家族が現状維持できるような収納の仕組みを作れば、置きっぱなしや山積み問題も解決します。
各ご家庭に合った方法で「探し物なし!リバウンドなし!」の快適なクローゼットを目指してみませんか。

Na~さん プロフィール

Na~さん
北欧×和な空間を楽しめる家づくりを目指す、人気インテリアブロガー。 整理収納アドバイザー1級のノウハウを活かし、モノを上手に隠しながらも、ノンストレスな暮らしを追求しています。
ウェブサイト
WITH LATTICE
著書
ズボラでも、センスよく暮らす 衣・食・住 100のアイデア (KADOKAWA)

おすすめ商品

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      新着コンテンツ

      アクセスランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ