この記事を読んだ人におすすめの記事×

徹底したこだわりで完成したモノトーンのインテリア

今回は、TUULIさんのお部屋を紹介します。とにかく徹底的にモノトーンにこだわったお部屋です。はじめてこのお部屋を拝見したときは、完璧なモノトーンに圧倒されてしまいました。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.png?jp.co

目次

「徹底的に色を排除した部屋」にすべく、インテリア・雑貨は勿論、日用品まで白黒で揃えています。
全てモノトーンにしてしまうと、どうしても冷たい印象になってしまうので、カーペットやソファーは柔らかい素材のものを、家具や小物は丸っこいものを置くことによってクールになりすぎないように気をつけています。

リビングのパソコンスペースです。
家で仕事をすることもあるので、乱雑になりがちなパソコンまわり。
思い切ってリビングのクローゼットに全て収納してしまいました。
必要なものがすぐに取り出せて使いやすく、使わないときはスッキリ隠せるのが嬉しいです。

ダイニングには、コンパクトなカフェテーブルとゆったり寛げるラウンジチェアをセレクト。
気軽に模様替えできるところも気に入っています。

キッチンです。
リビングから丸見えなので、極力物を置かないようにしています。
ライトベージュだったキッチンカウンターはカッティングシートを貼って真っ白にしてしまいました。

キッチンの収納法について。
調味料や洗剤など、全て白い容器に詰め替えて、手作りラベルを貼っています。
見た目重視で始めたことですが、結果的に、使いやすく無駄の無い収納ができるようになって良かったです。

洗面所です。
化粧品や整髪料も白い容器に詰め替えています。
浴室暖房のリモコンの色が気になったのでオリジナルラベルで隠してしまいました。

寝室です。
6畳の部屋にダブルベッドを置いているので、とにかく狭いです。
枕元のスイッチ一つで、全ての照明の明るさをコントロールできるところは気に入っています。

ウォークインクローゼットです。
最初は大きい机を置いて書斎風にしていましたが、私も主人もほとんど足を踏み入れなかったので、一部屋まるごとウォークインクローゼットに変更しました。

玄関には窓が無いので、明かりとりと身だしなみチェックのために扉にマグネットで鏡を付けてみました。
船の窓みたいでお気に入りです。
玄関収納の傘入れは無駄なスペースが多かったので小さな棚を入れてスリッパ入れに。
ペンや印鑑の居場所も作ってみました。

プロフィール

  • ■TUULIさん(女性/30代/グラフィックデザイナー)
  • ■建物の種類:分譲マンション
  • ■間取り:2LDK
  • ■築年数:3年
  • ■居住人数:2人
  • ■好きな家具・雑貨店:リビングモチーフ、arenot
  • ■この部屋の好きなところ:白黒なところ
  • ■この部屋の悩み:寝室が狭い
  • ■HP:シンプルモダンインテリア?

編集者コメント

今回は、TUULIさんのお部屋を紹介します。
とにかく徹底的にモノトーンにこだわったお部屋です。
はじめてこのお部屋を拝見したときは、完璧なモノトーンに圧倒されてしまいました。

細かいところを見てみると、このモノトーンのお部屋が簡単にできあがったものではないことが、わかります。TUULIさんが「徹底的に色を排除した部屋」を目指して、いろいろな工夫や試行錯誤を繰り返したテクニックは、マネできるポイントではないでしょうか。

たとえば、キッチンや洗面所には、調味料や洗剤、化粧品や整髪料などさまざまな色の容器があります。
それを、すべて白い容器に詰め替えてラベルを貼り、見た目にも美しく取り出しやすくしています。お部屋全体をマネしようと思っても、なかなかできるものではありませんが、まずは小さなテクニックをとり入れてみるのはいかがでしょうか?

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      新着コンテンツ

      アクセスランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ