この記事を読んだ人におすすめの記事×

アンティークがさりげなくインテリアを彩る

今回は、アメリカのカリフォルニアにお住まいのMatilla poppyさんのお部屋を紹介します。Matilla poppyさんのお宅のインテリアのテーマは「アーリーアメリカン」ということですが、トラディショナルな雰囲気たっぷりの素敵なインテリアですね。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.png?jp.co

目次

我が家は1980年代に建てられたスペイン風の建物です。3年前に引っ越して来てから、自分たちの住みやすいように少しずつリモデル。
アーリーアメリカンスタイルのフォークアートそしてアンテイーク&ジャンクが大好きです。ほとんどのアンテイークは、メリーランド、バージニア州に住んでいたころ、近所のヤードセールやアンテイークストア、フリーマーケットなどで見つけたもの。
インテリアにアンテイークを加えて、ノスタルジックな雰囲気を。

リビング、ダイニングから庭の景色が楽しめます。
プライバシーの心配がないので窓は景色と光を遮らないようにオーガンジーのカーテンを。
床はタイルフロワーをダークカラーのウッドフロワーに変えて、アンテイークに合う雰囲気つくりに。

1920年代のチャイナキャビネットは、初めて買ったアンテイークです。
たまたま、訪れたアンテイークマーケットで一目惚れ。
中には少しずつ集めてきたアンテイークのテイーカップやグラスを収納。
180年の歴史をもつ Hitchcock のダイニングセットは私のお気に入りの一つです。

引っ越して来てすぐにキッチンをリモデルしました。
キャビネットのノブやライトはシルバーで統一。
カーテンの一部から色をとって壁にステンシルを。
カウンターは御影石、壁のタイルはトラバテインです。

近所のヤードセールで見つけた棚にはアンテイークグラスを、アンテイークのドロップリーフテーブルには、お気に入りのテイーセットをデイスプレイ。
壁にはアーリーアメリカンフォークアートの切り絵を。

サンクラメンテのアンテイークストアーで見つけたシャンデリアをダイニングルームに。

暖炉の上のアンテイークランプ(ペアー)は妹からの結婚祝い。(上)
猫足のアンテイークサイドテーブルは埃にまみれて、ジャンクストアーに眠っているところを発見。いやがる主人を説得して購入。(下)

一年中、アウトドアリビングが楽しめるカリフォルニア。
パテイオには趣味のガーデニングを生かして、いろいろな寄せ植えの鉢やハンギングバスケットを。
休日には家族で食事を楽しむスペースでもあります。

プロフィール

■Matilla poppyさん(女性/主婦)
■建物の種類:一戸建て
■間取り:3ベットルーム、リビング、ダイニング、キッチン、ファミリールーム
■築年数:25年
■居住人数:4人
■好きな家具・雑貨店:アンテイーク、カントリースタイルの雑貨
■この部屋の好きなところ:窓が多いのでどの部屋からも庭を眺められるところ
■この部屋の悩み:スペイン風の建物とアメリカンカントリースタイルの内装とのギャップ

編集者コメント

今回は、アメリカのカリフォルニアにお住まいのMatilla poppyさんのお部屋を紹介します。
Matilla poppyさんのお宅のインテリアのテーマは「アーリーアメリカン」ということですが、トラディショナルな雰囲気たっぷりの素敵なインテリアですね。お部屋のあちこちにコーディネートされたアンティークが、存在感たっぷりにインテリアを引き立てています。でも、このアンティークたち、さすがアメリカならでは、といった感じですよね。日本で探したら、見つけるのもお値段も大変そう~!
さらに、光があふれるダイニングから見えるお庭もとっても素敵!お庭には一年中お花や緑があふれているのでしょうね!私も風に揺れるオーガンジーのカーテン越しに、お庭を眺めてみた~い!

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      新着コンテンツ

      アクセスランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ