この記事を読んだ人におすすめの記事×

増えてしまう本のおしゃれな収納方法 めがねとかもめと北欧暮らしの収納術

映画「めがね」と「かもめ食堂」の北欧暮らしを思い描きながら、理想のスタイルを追求しているMIさん。家族みんなが暮らしやすい、使いやすい収納術をお届けします。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.jpg?jp.co

目次

増えてしまう本の おしゃれな収納方法

いつの間にかあちこちに散らかってしまう本や雑誌の収納に、困っている方が多いのではないでしょうか。
我が家でも情報詩やインテリア雑誌、小説やレシピ本など、月に数冊は購入してしまいます。
そこで我が家で実践している、本や雑誌のおしゃれな収納方法をご紹介します。
インテリアに本や雑誌を上手に取り入れてみましょう!

あえて中身の見えるワイヤーバスケットに収納

「ちら見せ」ですっきり使い勝手抜群の収納に

部屋をスッキリさせたいけど、本や雑誌が出しっぱなしではどうしてもゴチャついて見えてしまいます。
そんな時はワイヤーバスケットを使って、仕舞いこまない「ちら見せ」収納にしてみましょう!
ワイヤーバスケットは、おしゃれな風合いと適度に中身が見えるので見た目も使い勝手も抜群!

手前には大好きな表紙の本や、空き時間に読みたい本を入れておくと、インテリアにも さっと手に取ることもできるのでとっても便利です。

また我が家では、お気に入りのお掃除ボトルを一緒に入れてディスプレイ感覚で楽しんでいます。

使う場所の近くに収納すれば使い勝手◎

レシピ本もワイヤーバスケットに収納

レシピ本を読んでいて
「これ食べたいな」
「今度作ってみよう!」
そう思ったものの、本棚に仕舞いこんだり、リビングに置きっぱなしになったりしていませんか?
それではせっかくの料理を作るチャンスを、逃してしまいますよね。

我が家では、キッチンの収納スペースにワイヤーバスケットを活用してレシピ本を収納しています。

使う場所の近くに収納することで、毎日の献立を考えるのがラクになり、 色々なメニューを作るようになりました。

雑貨と合わせてディスプレイしながら飾る

背表紙で挿し色効果

こちらは私のデスクです。
お気に入りの雑貨を飾るように本の収納を楽しんでいます。
ここでは背表紙のカラーが、インテリアの挿し色として活躍しています。
木製のブラウンばかりのディスプレイにグリーンやレッドをプラスしたいなと思ったら
本の背表紙が役に立ちますよ。

ここでは表紙を前面に出すよりも背表紙を見せるくらいが、お部屋全体のバランスに 丁度いい気がします。

素敵な表紙は置くだけでワンランク上のインテリアに

洋書や絵本で素敵なお部屋に

本もインテリアの1つ。
洋書などのおしゃれな表紙の本を見せながら収納するのも手です。

ぽんっと置いておいても絵になるおしゃれ感は洋書ならではですね!
洋書はちょっと……そんな方は、おしゃれな絵本などはいかがですか?
絵本は意外とおしゃれな表紙が多いのでおススメです。

最後に・・・

本や雑誌は本棚に収納する!
と決めてしまうと、読み終えるまで気軽に収納できるスペースがなくなり、 ついつい置きっぱなしになったり、仕舞いこんだりして使い勝手が悪くなってしまいます。
そのため今回ご紹介したワイヤーバスケットなどで 気軽に収納できるスペースを作っておくと、スッキリ使い勝手の良い収納になりますよ。
また、いつまでも読まない本を置いておくことはスペースの無駄になってしまいます。
年末が近づいてきたので、本や雑誌の整理をしながらインテリアの一部に加えてみませんか?
今よりもっと読書の時間が身近に感じるかもしれませんよ。

MIさん プロフィール

MIさん
映画『かもめ食堂』と『めがね』に憧れて、北欧風の暮らしやすさを目指している人気インテリアブロガー。家族みんなの暮らしやすさと、北欧のデザイン性にこだわった素敵なお部屋にお住まい。
著書
めがねとかもめと北欧暮らし。(宝島社)
「めがねと かもめと 北欧暮らし。」 心地よい片付けの法則 (KADOKAWA)
ウェブサイト
めがねとかもめと北欧暮らし。

おすすめ商品

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      新着コンテンツ

      アクセスランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ